1998年のNBAオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1998年のNBAオールスターゲームは、1998年2月8日ニューヨーク州マンハッタンマディソン・スクエア・ガーデンで開催された第48回目のNBAオールスターゲームである。試合は135-114でイーストが勝利した。MVPには23得点、6リバウンド、8アシストをあげたマイケル・ジョーダンが選ばれた。ジョーダンがMVPに選ばれるのは3度目のことであった[1]

オールスターウィークエンドには、ルーキーゲームズスリーポイントシュートコンテストが行われた。

この年のオールスターは、コービー・ブライアントが初出場したオールスターとなった[1]。当時19歳だったブライアントは史上最年少での出場となった。また新人のティム・ダンカンも初出場を果たした[1]ロサンゼルス・レイカーズからは4人が出場した。ブライアンとはウェスト最多の18得点をあげた。ショーン・ケンプエディ・ジョーンズの2人がダブルダブルを記録した[1]

ファン投票ではジョーダンが最多得票である1,028,235票を獲得した。シャキール・オニールはロサンゼルス・レイカーズに移籍後初のオールスター出場であった。彼は前年ひざの負傷で欠場した。

翌シーズンは、ロックアウトによってシーズンが短縮されたため、オールスターゲームは開催されなかった。この年出場した選手のうち、オールスターにはこの年の出場が最後となった選手は次の10人である[1]

オールスターゲーム[編集]

ロースター[編集]

ウェスタン・カンファレンス・オールスター
ポジション 選手 所属チーム 出場回数 投票数
先発選手
G ゲイリー・ペイトン シアトル・スーパーソニックス 5 555,715
G コービー・ブライアント ロサンゼルス・レイカーズ 1 395,686
F ケビン・ガーネット ミネソタ・ティンバーウルブズ 2 513,325
F カール・マローン ユタ・ジャズ 11 616,251
C シャキール・オニール ロサンゼルス・レイカーズ 6 565,184
控え選手
G ジェイソン・キッド フェニックス・サンズ 2 305,834
G エディー・ジョーンズ ロサンゼルス・レイカーズ 2 300,658
G ニック・バンエクセル ロサンゼルス・レイカーズ 1 232,274
G ミッチ・リッチモンド サクラメント・キングス 6 197,695
F ティム・ダンカン サンアントニオ・スパーズ 1 423,970
F ヴィン・ベイカー シアトル・スーパーソニックス 4 360,079
C デビッド・ロビンソン サンアントニオ・スパーズ 8 548,633
ヘッドコーチ: ジョージ・カール (シアトル・スーパーソニックス)
イースタン・カンファレンス・オールスター
ポジション 選手 所属チーム 出場回数 得票数
先発選手
G アンファニー・ハーダウェイ オーランド・マジック 4 509,626
G マイケル・ジョーダン シカゴ・ブルズ 12 1,028,235
F グラント・ヒル デトロイト・ピストンズ 4 838,692
F ショーン・ケンプ クリーブランド・キャバリアーズ 6 518,361
C ディケンベ・ムトンボ アトランタ・ホークス 5 476,432
控え選手
G ティム・ハーダウェイ マイアミ・ヒート 5 349,621
G レジー・ミラー インディアナ・ペイサーズ 4 221,814
G スティーブ・スミス アトランタ・ホークス 1 114,982
F グレン・ライス シャーロット・ホーネッツ 3 270,277
F アントワン・ウォーカー ボストン・セルティックス 1 137,994
C リック・スミッツ インディアナ・ペイサーズ 1 117,744
C ジェイソン・ウィリアムズ ニュージャージー・ネッツ 1
ヘッドコーチ: ラリー・バード (インディアナ・ペイサーズ)

試合結果[編集]

1998年2月8日 ウェスタン・カンファレンス 114, イースタン・カンファレンス 135 マディソン・スクエア・ガーデン, ニューヨーク
入場者数: 18,323
レフェリー:
  • Hue Hollins
  • Bernie Fryer
  • Bob Delaney
NBCスポーツ
クォーター・スコア: 25–33, 33–34, 33–34, 33–24
得点: コービー・ブライアント 18
リバウンド: エディー・ジョーンズ, ティム・ダンカン 11 each
アシスト: ゲイリー・ペイトン 13
得点. マイケル・ジョーダン 23
リバウンド: ショーン・ケンプ 11
アシスト: マイケル・ジョーダン 8

10本以上のシュートを放った選手の中ではグラント・ヒル、マイケル・ジョーダンの順番でシュート成功率が高かった。ヒルは11本中7本成功(3ポイント1本成功)成功率63.6%、ジョーダンは18本中10本成功(3ポイント1本成功)、成功率55.6%であった。

ルーキーゲーム[編集]

NBA Rookiesゲームは、オールスターゲームの前の金曜日に行われた。チームのコーチは、イーストはウィリス・リード、ウェストはデイブ・ディバッシャーであった。イーストが85-80で勝利し、クリーブランド・キャバリアーズのセンター、ジードルーナス・イルガウスカスがアメリカ国外出身選手として初めてMVPに選ばれた。

イースタン・カンファレンス

チーム 選手 Min Fg 3pt Ft Off Def Reb Ast Pf St To Bs Pts
シクサーズ ティム・トーマス 19 3–6 0-3 3-3 2 3 5 0 3 0 1 0 9
ネッツ キース・ヴァン・ホーン 25 6–12 0-1 5-6 3 7 10 0 0 1 3 0 17
キャブス ジードルーナス・イルガウスカス 24 8–10 0-0 2-2 3 4 7 2 3 0 1 2 18
キャブス ブレビン・ナイト 17 0-1 0-0 1-2 0 3 3 8 1 0 3 0 1
セルティックス ロン・マーサー 22 4-10 0-0 0-0 2 2 4 2 1 0 3 0 8
セルティックス チャンシー・ビラップス 16 3-7 2-4 1-5 3 2 5 7 0 2 2 0 9
キャブス セドリック・ヘンダーソン 17 7-13 0-0 0-0 1 1 2 2 1 0 1 1 14
ラプターズ トレイシー・マグレディ 10 4-7 1-2 0-0 1 1 2 1 0 0 0 0 9
合計 150 35-66 3-10 12-18 15 23 38 22 9 3 14 3 85

ウェスタン・カンファレンス

チーム 選手 Min Fg 3pt Ft Off Def Reb Ast Pf St To Bs Pts
ロケッツ ロドリック・ローズ 25 2–8 0-1 0–0 0 2 2 2 1 2 3 0 4
クリッパーズ モーリス・テイラー 24 6–14 0-0 0–0 1 5 6 2 0 2 1 0 12
キングス マイケル・スチュワート 19 6–9 0-0 1-1 3 3 6 1 2 2 0 0 13
ナゲッツ ボビー・ジャクソン 24 7–14 0-3 1-1 0 2 2 13 4 2 1 0 15
グリズリーズ アントニオ・ダニエルズ 25 7–11 0-0 0-0 1 3 4 0 1 1 1 0 14
ブレイザーズ ケルビン・ケイトー 11 3–7 0-1 1-3 2 1 3 1 2 2 1 1 9
ナゲッツ ダニー・フォートソン 11 4–7 0-0 3-4 5 1 6 0 0 2 0 1 9
ブレイザーズ アルビン・ウィリアムズ 11 1–3 1-1 1-4 0 0 0 0 1 2 1 0 4
TOTAL 150 36–73 1-6 7-12 12 17 29 19 11 12 8 2 80
Score by Periods: 1 2 Final
イースタン・カンファレンス 38 47 80
ウェスタン・カンファレンス 42 38 85

3ポイントシュートコンテスト[編集]

オールスターの前日の土曜日に行われた。それぞれ異なるチームに所属する8人の選手が選ばれた。1回戦で4人に絞られ、準決勝で2人に絞られ、その後決勝が開催された。

ジェフ・ホーナセックヒューバート・デービスデイル・エリスチャーリー・ウォードの4人が1回戦を勝ち上がり、サム・マックグレン・ライストレーシー・マレーレジー・ミラーが敗退した。準決勝ではヒューバート・デービスが24本を成功させ、15本でホーナセック、エリスが並んだため、2人は30秒間で何本3ポイントシュートを決めるか決定戦を行った。

選手名 1回戦 準決勝 決勝
ジェフ・ホーナセック 17 15* 16
ヒューバート・デービス 15 24 10
デイル・エリス 18 15*
チャーリー・ウォード 15 11
サム・マック 14
グレン・ライス 13
トレーシー・マレー 12
レジー・ミラー 12


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 1998 NBA All-Star Game roster: The last NBA ASG in New York”. NEWSDAY (2014年11月28日). 2020年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]