1996年全豪オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1996年 全豪オープン(Australian Open 1996)は、オーストラリアメルボルンにある「メルボルン・パーク・ナショナルテニスセンター」にて、1996年1月15日から28日にかけて開催された。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス (3回戦)
  2. アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ (ベスト4)
  3. オーストリアの旗 トーマス・ムスター (4回戦)
  4. ドイツの旗 ボリス・ベッカー (優勝、5年ぶり2度目)
  5. アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン (準優勝)
  6. ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ (ベスト8)
  7. スウェーデンの旗 トーマス・エンクビスト (ベスト8)
  8. アメリカ合衆国の旗 ジム・クーリエ (ベスト8)
  9. 南アフリカ共和国の旗 ウェイン・フェレイラ (2回戦)
  10. クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ (3回戦)
  11. オランダの旗 リカルド・クライチェク (3回戦)
  12. フランスの旗 アルノー・ブッチ (2回戦)
  13.  (試合開始前に棄権)
  14. ウクライナの旗 アンドレイ・メドベデフ (2回戦)
  15. アメリカ合衆国の旗 トッド・マーティン (3回戦)
  16. オランダの旗 ポール・ハーフース (1回戦)
  17. オーストリアの旗 ジルバート・シャラー (1回戦) [第13シードが棄権のため繰り上げ]

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 モニカ・セレシュ (優勝、3年ぶり4度目)
  2. スペインの旗 コンチタ・マルチネス (ベスト8)
  3. スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ (ベスト8)
  4. フランスの旗 マリー・ピエルス (2回戦)
  5. 日本の旗 伊達公子 (2回戦)
  6. アルゼンチンの旗 ガブリエラ・サバティーニ (4回戦)
  7. クロアチアの旗 イバ・マヨリ (ベスト8)
  8. ドイツの旗 アンケ・フーバー (準優勝)
  9. アメリカ合衆国の旗 メアリー・ジョー・フェルナンデス (4回戦)
  10. アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ダベンポート (4回戦)
  11. オランダの旗 ブレンダ・シュルツ=マッカーシー (4回戦)
  12. ベラルーシの旗 ナターシャ・ズベレワ (1回戦)
  13. アメリカ合衆国の旗 チャンダ・ルビン (ベスト4)
  14. アメリカ合衆国の旗 エミー・フレージャー (1回戦)
  15. 日本の旗 沢松奈生子 (4回戦)
  16. 南アフリカ共和国の旗 アマンダ・クッツァー (ベスト4)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

みどころ[編集]

  • 1993年4月30日の刺傷事件から復帰したモニカ・セレシュが、復帰後2度目の4大大会で優勝を飾った。(1995年全米オープンでは準優勝だった。)しかし、刺傷事件前は4大大会女子シングルス「8勝」を挙げていたセレシュだったが(全豪オープン3連覇+全仏オープン3連覇+全米オープン2連覇=総計8勝)、復帰後はこの1勝のみで止まってしまう。
  • 女子シングルス準々決勝のチャンダ・ルビンアランチャ・サンチェス・ビカリオの対戦は、全豪オープンの女子シングルスで最長試合時間記録となる「3時間33分」を要した。試合所要ゲーム数「48」、最終第3セットのゲーム数「30」とも大会新記録になる。
  • 女子シングルスで、日本からは伊達公子沢松奈生子の2人がシード選手に選ばれた。第5シードの伊達は、2回戦で遠藤愛との“日本人対決”に 2-6, 6-1, 4-6 で敗れた。第15シードの沢松は、4回戦で第1シードのセレシュに 1-6, 3-6 で敗れた。
  • 男子シングルス決勝は、芝生コートを得意にするボリス・ベッカーと赤土コートを得意にするマイケル・チャンの対戦で、対照的なタイプの2人の顔合わせとなった。優勝したベッカー1991年全豪オープン以来5年ぶりとなる、4大大会男子シングルス「6勝」を記録する。これが彼の最後の4大大会優勝になった。

外部リンク[編集]

先代:
1995年全米オープン (テニス)
テニス4大大会
1995年 - 1996年
次代:
1996年全仏オープン
先代:
1995年全豪オープン
全豪オープン
1996年
次代:
1997年全豪オープン