1996年の中日ドラゴンズのユニフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1996年の中日ドラゴンズのユニフォーム1987年2003年まで17年間に渡り使用された中日ドラゴンズの通称・ドラゴンズブルー定着3代目ユニフォームのうち、この年のみ採用されたデザインのユニフォームを指す。翌1997年に帽子マーク、左袖ロゴマークが変更された後期型が登場したため便宜上短命ユニフォームとして扱っている。

デザイン[編集]

帽子・アンダーシャツ・ストッキング・筆記体Dragonsロゴ・背番号とネームが青、胸番号が赤、ユニフォームの地色がホーム用白・ビジター用グレー、スパイクシューズが青、銀のライン入り。いわゆる大リーグロサンゼルス・ドジャーズスタイルに変更された1987年以降、基本的なデザイン・配色は変わっていないが、この年から胸・背番号の数字と背ネームのアルファベットの書体がメジャーリーグでよく使用されているタイプに変更され(※1995年までの胸・背番号の数字は広島東洋カープオリックス・ブルーウェーブなどが使用していた、いわゆる「高校野球型」の書体。背ネームの書体は通常のゴシック体)、帽子の天ボタンが青から白に変わった。また、この年は球団創設60周年であったことから、左袖には60周年の「60」をあしらった記念ロゴマークを付けていた。

概要[編集]

中日のチームカラーともいえる「青」を採り入れたユニフォームが初めて登場したのは1963年。その後、濃紺や赤などが主体のユニフォームが使用されていたが、1969年に青色主体のユニフォームに変更されたのを機に「中日=青」という図式が定着。以降は青色の色彩を濃くするなどして現在に至っているが、定着ユニフォームの初代(1969年~1973年)・2代目(1974年1986年)にはそれぞれマイナーチェンジを施したものの僅か1年のみの使用で終わった短命ユニフォームが存在していた。3代目である1987年~2003年のデザインにも短命ユニフォームが存在し、1996年のみ使用のユニフォームもそのうちの一つである。中日が定着ユニフォーム3代目にフルモデルチェンジしたのは1987年の開幕直前。この年就任した星野仙一監督の要望によるもので、デザインがロサンゼルス・ドジャーズのユニフォームと非常によく似たデザインであった。定着ユニフォーム3代目になった1987年からナゴヤ球場最終年の1996年までの9年間のうち、Aクラス入りは実に6回を数え、1988年にはリーグ優勝を果たした。星野の後任の高木守道監督時代も就任初年度1992年は最下位となったものの、1993年ヤクルト1994年巨人と2年連続で終盤まで優勝争いを展開、特に1994年は伝説の「10.8」を経験したりと、中日にとっては強さの象徴であると共に縁起のいいデザインのユニフォームであった。星野監督が再び就任した1996年は前年に大リーグ挑戦で成功を収めた野茂英雄の所属球団・ドジャースの人気にあやかってか、胸・背番号の数字や背ネームの書体をドジャース風のタイプに変更した。この1996年モデルのユニフォームは1997年に本拠地がナゴヤ球場からナゴヤドームへ移転するのに伴い、帽子のDマークが立体的なブロック体に、左袖も60周年記念ロゴマークから中日の新しいマスコット「シャオロン」をモチーフにしたペットマークのいわゆる「後期型」に変更されたため、僅か1年のみ使用された短命ユニフォームであった。