1976年ポルトガル議会選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
共和国議会議事堂(サン・ベント宮殿

1976年ポルトガル議会選挙(1976ねんぽるとがるぎかいせんきょ、ポルトガル語:Eleições legislativas portuguesas de 1976)は、ポルトガル共和国立法府である共和国議会(Assembleia da República)を構成する議員を選出するため、ポルトガル共和国新憲法の施行日である1976年4月25日に行われた選挙である。

選挙の概要[編集]

前年4月に行われた制憲議会選挙を経て発足した制憲議会で1976年4月2日に採択された新憲法に基づいて行われた初の共和国議会選挙で、14政党が参加して行われた。

  • 議会定数:263議席
  • 選挙制度[1]比例代表制(拘束名簿式)
    • 有権者は政党に投票
    • 選挙区毎にドント式で各政党に比例配分
    • 議席阻止条項は無し
  • 選挙区[2]:22選挙区(2~48名)
  • 有権者:選挙権と被選挙権は共に18歳以上のポルトガル国民

選挙結果[編集]

  • 投票日:1976年4月25日
  • 有権者数:6,564,667名
ポルトガル議会選挙、党派別得票と議席数
政党及び政党連合 得票数 得票率[3] 議席数
社会党 PS 1,912,921 34,89 107
人民民主党 PPD 1,335,381 24,35 73
民主社会中道党 CDS 876,007 15,98 42
統一人民同盟 APU[4] 788,830 14,39 40
人民民主同盟 UDP[5] 91,690 1,67 1
その他の政党及び政党連合 220,936 4.03 0
全政党の合計 5,225,765 263
白票 0.00
無効票 257,696 1.71
全政党合計+白票+無効票 5,483,461

制憲議会選挙で第一党となった中道左派のPSが引き続き第一党となった。しかし得票率と議席は制憲選挙の時より後退させる結果となり、旧サラザール派で中道右派のCDSが前回よりも得票と議席を増やして躍進した。議会選挙から2ヶ月後の6月27日には大統領選挙が行われ、PSに推されたアントニオ・エアネスがPPDとCDSの支持も受けて勝利し、ポルトガル第三共和政における初代大統領に就任した。そして大統領となったエアネスは7月16日にPSのマリオ・ソアレス書記長を首相に任命、同月23日にPS單獨の少数与党内閣が発足した。

脚注[編集]

  1. ^ 国立国会図書館政治議会課憲法室 三輪和宏 「諸外国の下院の選挙制度-資料-」(PDF)国立国会図書館
  2. ^ ポルトガルの地方自治』(PDF自治体国際化協会。4~5頁
  3. ^ 各政党の得票率は有効得票と白票・無効票を合計したものを100として計算したものである。
  4. ^ ポルトガル共産党(PCP)と人民民主運動などの政党連合。
  5. ^ 新左翼諸政党による政党連合。

出典[編集]