1974年・1975年のヤクルトスワローズのユニフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1974年・1975年のヤクルトスワローズのユニフォームは球団呼称をヤクルトアトムズからヤクルトスワローズに変更した1974年から1977年まで使用していたヤクルトスワローズ初代ユニフォームのうち、初年度の1974年と翌1975年のみ存在していたビジター用ユニフォームのことを指す。なお、ホーム用ユニフォームは補足事項として扱う。

デザイン[編集]

帽子は濃紺でツバ・天ボタン・空気穴は赤、鋭角形YSマークは白。アンダーシャツ・ストッキングは濃紺。スパイクは黒。ユニフォームは丸首プルオーバー・ベルトレスタイプでスカイブルー地に白の縦縞。首周り・袖・ベルトレス・ズボンのライン配色は両端濃紺で中央が白。胸ロゴ・胸番号・背番号は1974年、1975年とそれぞれ変更されており、詳細は以下を参照のこと。

  1. (1974年版)胸のYakultロゴ・胸番号・背番号が赤の濃紺縁取り。
  2. (1975年版)胸のYakultロゴ・胸番号・背番号が赤の白縁取り。

概要[編集]

1970年代初め頃から、プロ野球界では伸縮性に優れたニット生地のユニフォームを採り入れ、色使いもそれまでの白やグレーから、赤・青・緑などといった色が使われるようになり、ユニフォームはカラー化の傾向に進んでいた。ヤクルトも「アトムズ」から「スワローズ」に名を変えた1974年から、球団初となるニット生地のプルオーバー(丸首)式ベルトレスタイプのユニフォームを導入。デザインも前年までのシンプルなデザインから一転、ホーム用に赤い縦縞、ビジター用も青主体のカラフルなデザインに変更した。新監督に荒川博を迎え、新ユニフォームで挑んだヤクルトスワローズ初年度の1974年シーズンは3位と健闘。ビジター用にマイナーチェンジが施された翌1975年は4位に終わった。

補足事項[編集]

(1974年~1976年ホーム用)帽子・アンダーシャツ・ストッキング・スパイクは上記ビジター用と共通。ユニフォームは白地に赤の縦縞。首周り・袖・ベルトレス・ズボンのライン配色は中央赤・両端濃紺。胸Swallowsロゴ・胸番号・背番号は濃紺で赤の縁取り。