1891年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1891年の映画(1891ねんのえいが)では、1891年(明治24年)の映画分野の動向を展望し、発表されたおもな映画作品や、映画関係者の誕生についてまとめる。

出来事[編集]

作品[編集]

誕生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c チャールズ・マッサー 著、藤田純一 訳「映画の始まり トーマス・A・エジソンとキネトグラフによる動く写真」 『エジソンと映画の時代』岩本憲児(編・監訳)、森話社、2015年4月、22頁。ISBN 978-4864050777 
  2. ^ a b Eagan, Daniel (2011-11-24). America's Film Legacy, 2009-2010. Bloomsbury Publishing USA,. "... Edison hired William Heise, who had experience with similar machines, to assist Dickson. They built a horizontal-feed camera that exposed images on a 3/4-inch film strip. Small perforations helped move the film through the mechanism. / The first examples were viewed through a peephole device Edison would market as the "Kinetoscope." Edison showed what later become known as Dickson Greeting to members of the Federation of Women'S Club on May 20, 1891."  - Google books
  3. ^ 増田展大 『科学者の網膜 身体をめぐる映像技術論:1880‐1910』青弓社〈視覚文化叢書〉、2017年3月、107頁。ISBN 978-4787273987 
  4. ^ 藤田純一「エディスンのキネトスコープ/キネトグラフ開発過程の一次資料に基づく研究 エディスンが映画に求めたもの」、日本大学、2014年3月、 NAID 500000915566

外部リンク[編集]