17歳 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
17歳
Jeune et Jolie
監督 フランソワ・オゾン
脚本 フランソワ・オゾン
製作 エリック・アルトメイヤーフランス語版
ニコラス・アルトメイヤーフランス語版
出演者 マリーヌ・ヴァクト
音楽 フィリップ・ロンビ英語版
撮影 Pascal Marti
編集 ロール・ガルデット
配給 フランスの旗 ワイルド・バンチ
日本の旗 キノフィルムズ
公開 フランスの旗 2013年5月16日CIFF
フランスの旗 2013年8月21日
日本の旗 2014年2月15日
上映時間 94分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

17歳』(Jeune et Jolie)は、フランソワ・オゾン監督・脚本による2013年のフランスドラマ映画英語版である。売春に手を染める17歳の少女が描かれ、マリーヌ・ヴァクトが彼女を演じる。

第66回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門で上映された[1][2]。また第38回トロント国際映画祭でも上映された[3]

ストーリー[編集]

夏。幼さが残っているイザベルは医師の母シルヴィと再婚相手のパトリック、弟のヴィクトルとリゾート地に来ている。自分で満足しているところを弟に見られる。ある晩、こっそり外出してドイツ人青年フェリックスと海辺で抱き合い、初体験を済ます。翌日、フェリックスに素っ気なく応対し、17歳の誕生パーティーにも招かない。バカンスが終わる。

秋。アンリ4世高校生イザベルは ソルボンヌ大学文学部2年生で20歳の「レア」と偽り、SNSで知り合った不特定多数の男たちと売春を重ねる。500なら生でフェラしろといったり、金をごまかす男もいる。放課後に駅のトイレで身支度を整え、待ち合わせ場所へ向かう。1回300ユーロを自室のクローゼットに隠す。若い娘もいる初老で紳士的なジョルジュと定期的に会う。ある日、バイアグラを使用していたジョルジュがイザベルの下で心臓発作を起こす。応急処置をしたが死に、イザベルは動転して立ち去る。

冬。シルヴィの病院に警察が訪れ、「裏の顔は娼婦です、未成年は『証人』で済みます、法的には被害者なので、でも捜査は行います」といわれる。娘の部屋から大量の札束が発見されたことで事態を理解。「死にたいほど悲しい」と殴りながら問い詰める母にイザベルは何も答えない。精神科にも毎週通い、60ユーロでベビーシッターをする。母親が分からないというと、「ピーターとは寝ているのか」と問いつめる。初体験がうまくいかなかった級友に「最初はみんなそうよ」というと「処女のくせに」といわれる。パーティに誘われ、級友アレックスにキスをねだられる。

春。下手なアレックスを指導するが別れる。禁止されていた携帯にSIMを入れると、メールが届く。待ち合わせると女性が来て、夫の最後の女性を見たかったという。「私も夫と17歳で出会った、私も勇気があったら男に金を払わせたかったけど、今はこちらが払わないと」といわれ、ジョルジュと寝た部屋に一緒に行く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 2013 Official Selection”. Cannes Film Festival (2013年4月18日). 2013年4月18日閲覧。
  2. ^ Screenings Guide (PDF)”. Cannes Film Festival. 2013年5月11日閲覧。
  3. ^ Toronto film festival 2013: the full line-up”. The Guardian. 2013年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]