17才 (2002年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
17歳
監督 木下ほうか
脚本 猪俣ユキ
配給 スローラーナー
公開 2003年3月2日
上映時間 72分
テンプレートを表示

17才』(じゅうななさい)は2002年制作、2003年3月2日に初公開された自主制作映画
夜はキャバクラでバイトし昼は学校で寝てばかりいる平凡な少女アコを軸に、女子高生の日常を描いた青春映画。
女優 猪俣ユキが自らの日記から発展させた脚本をもとに友人でもある三輪明日美と共に映画化を企画。個性派俳優、木下ほうかの初監督作品。予算0円、制作準備も一週間足らずで制作された。[1]

キャッチコピー[編集]

「結局ただの17才でした」[2]
「みんな自分の居場所を探していた、17才のとき。」[3]
「わたしはいつもおとなをだましていた。
 いや、おとながいつもだまされてくれていた。
 そいつらはこどもだましだ。
 それでもいい、いつまでもおとなをだましていたい。
 いつまでも、おとなだましでいたい。」[4]

あらすじ[編集]

17才のアコ(三輪明日美)は、放課後にはキャバクラでバイトをしている女子高生。そのせいで学校では居眠りばかりの毎日。そんなアコは新学期、一緒のクラスになったリョウ(猪俣ユキ)が気になり始める。リョウは成績優秀だったが、何故か留年していた。彼女と友達になったアコは、夢があり自由で不思議な魅力を持つリョウに憧れを抱く。彼女と接することで、アコ自身の中でも少しずつ何かが変わり始めていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 第13回映画祭TAMA CINEMA FORUM 2003年11月23日 「さまざまな恋愛模様」”. TAMA映画フォーラム実行委員会. 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ 映画 17才 - allcinema”. allcinema.net. 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ 映画 17才 - allcinema”. allcinema.net. 2019年2月22日閲覧。
  4. ^ 17才OFFICIAL WEBSITE(閉鎖)”. 17才OFFICIAL WEBSITE(閉鎖). 2019年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]