14歳の挑戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

14歳の挑戦(じゅうよんさいのちょうせん)は、富山県内の中学2年生13・14歳を対象に富山県内で行われている職場体験学習事業の略称[1]である。富山県独自の取り組みで、中学生に職場体験させ、さまざまな経験を積むことを目的に行われている。1999年度から富山県内で始まり、現在では富山県内85の全ての中学校2年生が参加している。

活動内容[編集]

事業所や福祉施設など、実際に社会の中で5日間身を置き、その一員として活動する。1日の活動時間は、7時間を越さないものとし、5日間合計30時間の労働である。

主な受け入れ事業所[編集]

各学校やPTAなどが、受け入れ事業所を探している。

主な受け入れ先

など。

活動期間、活動時期[編集]

活動期間は原則として5日間だが、学校によっては3日間のところもある。また、事業所が定休日などで休みの場合は各自の中学校で奉仕活動をする場合がある。活動時期は学校・市町村によってばらつきがあるが、主に5月から9月までの間である。

脚注[編集]

  1. ^ 事業名称は社会に学ぶ「14歳の挑戦」などと表記されるが、鈎括弧の用法や「事業」の語を後置するかどうかについて、 外側鈎括弧つきで事業後置の例外側鈎括弧、二重鈎括弧、事業の全てが用いられている例事業が後置され、かつその外側に鈎括弧と、内側二重鈎括弧外側鈎括弧なし事業後置が単一文書に混在している例など、様々な用例が一貫性なく存在しており、何が正式名称か判然としないため、項目名としては最小共通部分である14歳の挑戦を暫定的に用いた。

外部リンク[編集]