103

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
102 103 104
素因数分解 103 (素数
二進法 1100111
六進法 251
八進法 147
十二進法 87
十六進法 67
二十進法 53
ローマ数字 CIII
漢数字 百三
大字 百参
算木 Counting rod v1.pngCounting rod 0.pngCounting rod v3.png

103百三、ひゃくさん)は自然数、また整数において、102の次で104の前の数である。

性質[編集]

  • 103は27番目の素数である。1つ前は101、次は107
  • (101, 103) は9番目の双子素数である。1つ前は(71, 73) 、次は(107, 109) 。
  • (101, 103, 107, 109) の組は3組目の四つ子素数。1つ前は(11, 13, 17, 19) 、次は(191, 193, 197, 199) 。
  • 10…03 の形の最小の素数である。次は100003。ただし挟まれた数は無くてもいいとすると最小は13。(オンライン整数列大辞典の数列 A159352)
  • 103 = 100 × 1 + 3
    • n = 1 のときの 100n + 3 の形で表せる2番目の素数である。1つ前は3、次は503。(オンライン整数列大辞典の数列 A101780)
      • 末尾の2桁が03の最小の素数である。次は503。ただし先頭の0はなくてもいいとすると最小は3。
  • 1/103 = 0.0097087378640776699029126213592233... (下線部は循環節で長さは34)
  • 7番目の 8n − 1 型の素数である。この類の素数は x2 − 2y2 と表せるが、103 = 112 − 2 × 32 である。1つ前は79、次は127
  • 各位の和が4になる6番目の数である。1つ前は40、次は112

その他 103 に関すること[編集]

関連項目[編集]