1,2-ジメトキシベンゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1,2-ジメトキシベンゼン
識別情報
CAS登録番号 91-16-7 ×
ChemSpider 13861009 チェック
UNII 61WJZ2Q41I チェック
ChEBI CHEBI:59114 チェック
特性
化学式 C8H10O2
モル質量 138.16 g mol−1
外観 無色の粘性液体ないし結晶[1]
匂い 甘いクリーム様香気
密度 1.084 g/cm3
融点

22-23 °C

沸点

206-207 °C

危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
2
2
0
引火点 87℃[1]
関連する物質
関連物質 1,3-ジメトキシベンゼン
1,4-ジメトキシベンゼン
グアイアコール(カテコールのモノメチル誘導体)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1,2-ジメトキシベンゼン:1,2-Dimethoxybenzene、別称:ベラトロール(veratrole))とは、C6H4(OCH3)2化学式をもつ有機化合物であり、カテコールのジメチルエーテル体である。 全ての有機溶媒には溶けやすいが、水に対してはわずかにしか溶けない。他の芳香族化合物を合成するための原料として使われる。 ベラトロールは比較的電子豊富であるため容易に求電子置換反応を行う。[2]

香料[編集]

甘いクリーム様の香気を持ち、希釈するとバニリン用の香気となる。オーデコロン用調合香料の保留剤として用いられるほか、ナッツ系・バニラ系のフレーバーとしても利用される[1]

製法[編集]

カテコールまたはグアイアコール硫酸ジメチルメチル化する[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Merck Index, 11th Edition, 9857.
  • 印藤元一 『合成香料 化学と商品知識』 化学工業日報社、2005年ISBN 4-87326-460-x