0の奏香師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漫画:0の奏香師
作者 由貴香織里
出版社 白泉社
レーベル 花とゆめコミックス
発売日 2006年7月19日
話数 全3話
その他 ISBN 4-592-18764-4
テンプレート - ノート

0の奏香師』(ゼロのそうこうし)は、由貴香織里による日本漫画作品。

全3話。『花とゆめプラス』(白泉社)2004年9月15日号と2005年10月25日号、『別冊花とゆめ』(同)2006年7月号に掲載された。

あらすじ[編集]

どんな匂いも嗅ぎ分ける調香師の高校生・(かなで)が、「香り」を手がかりに、顧客の娘の失踪事件など様々な事件を追う。

登場人物[編集]

斎川 奏(さいかわ かなで)
調香師。嗅覚は生まれつき敏感だったが、正式に調香師になって以来、ますます磨かれ、現在ではどんな匂いも嗅ぎ分けることができる。ヴェルサイユの国立フレグランススクールへ留学していた。
体臭を出さないために、ミネラルウォーターしか飲まず、様々な匂いが混じりあう人ごみや雑踏が苦手で、防毒マスクのようなものを装着している。
祖母が家で合気道道場をしている。一時はみっちりしごかれたが、叔父の跡を継ぎ、調香師の道を選んだときに、「二度と技を使わない」旨の誓約書を書かされた。
アナイス
フランス人。奏の血の繋がらないいとこ(奏の叔母の夫〔フランス人〕の連れ子)。日本育ちのため、日本語しか話せない。金髪で美人。
性格は負けず嫌い。幼い頃は虚弱体質で、香水かぶれを起こしてしまうほど肌が弱かったが、祖母の道場で合気道を始めてからは体質改善され、必要以上に健康体になった。

関連項目[編集]