-蹴球伝-フィールドの狼 FW陣!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
-蹴球伝-フィールドの狼 FW陣!
ジャンル 少年漫画サッカー漫画
漫画
作者 高橋陽一
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表期間 1999年13号 - 1999年30号
巻数 全2巻
話数 15話
テンプレート - ノート

-蹴球伝-フィールドの狼 FW陣!』(しゅうきゅうでん フィールドのおおかみ ストライカーじん)は、1999年に『週刊少年ジャンプ』で連載されていたサッカー漫画。作者は高橋陽一

概要[編集]

作者の代表作『キャプテン翼』はMFを主人公にした大ヒットサッカー漫画であったが、日本のサッカープレイヤーの人気がMFに集まり、逆にFWなどのポジションの層が薄くなるなど、現実に与えた影響も大きかったとされる。そのため本作はストライカーを主人公にした作品となっており、作者は「今度はこれでフォワードが増えれば」といった主旨のコメントを残した。

ラストには『キャプテン翼』の主人公、大空翼らがゲスト出演している。

ストーリー[編集]

香川・瀬島に住む天才サッカー少年・刃向陣。ある日、交通事故で両親と弟・亮太を亡くす。それから陣は亮太のために瀬島蹴球隊を作り、全国大会を目指すことになる。

登場人物[編集]

()内は背番号

香川県[編集]

刃向陣(はむかい じん)
  • FW 瀬島蹴球隊(9)
本作の主人公。瀬島蹴球隊のキャプテン。新浜小。
ケンカばかりし、金もうけのサッカーしかしない邪道サッカー少年。
刃向亮太(はむかい りょうた)
  • MF 新浜FC
陣の弟。陣とは違い正道で5年生ながら天才ゲームメーカーと呼ばれる。しかし、交通事故で両親とともに亡くなる。
飛沫数馬(しぶき かずま)
  • DF 瀬島蹴球隊(2)
陣の喧嘩仲間。新浜北小の番長。空手を得意とする。試合中にはスカーフを巻いている。
新浜FC戦では、途中から薩本と共に加勢した。
薩本光男(さつもと みつお)
  • DF 瀬島蹴球隊(3)
陣の喧嘩仲間。新浜北南の番長。柔道を得意とする。
金子誠(かねこ まこと)
  • MF 新浜FC(23) - 瀬島蹴球隊(8)
新浜FC・5年生チームのキャプテン。亮太のチームメイト。
瀬島蹴球隊対新浜FC戦で、親友だった亮太の兄である陣が奮闘する中、新浜FCの監督による不正な審判に反感を抱き、新浜FCの中で真っ先に陣に加勢し、他の5年生も金子に従い瀬島蹴球隊に加わる。
野本雄太(のもと ゆうた)
  • MF 新浜FC(4) - 瀬島蹴球隊(4)
新浜FCのキャプテン。瀬島蹴球隊に敗戦後、新浜FC監督の6年生しか起用しない方針に反発し、瀬島蹴球隊に移籍した。
林森一(はやし しんいち)
  • MF 丸亀FC(10) - 瀬島蹴球隊(10)
天才ゲームメーカー。丸亀FCキャプテン。瀬島蹴球隊の試合を新浜FC戦から全て観戦している。
四国連合への参加を丸亀FCのチーム員に明かしたが、チームのメンバーから誰よりも陣へパスを送りたいと言う事を諭され、試合直前に瀬島蹴球隊への移籍を決めた。
羽鳥慎吾(はとり しんご)
  • FW 仁尾FC(9) - 瀬島蹴球隊(11)
ビッグバード。170cm越えの長身から繰り出されるヘディングが脅威的で、"消波ブロック渡り"で鍛えた足から繰り出すシュートも強力である。
初対決で陣の実力に気付き、観音寺S・Sとの練習試合を断り、瀬島蹴球隊との試合を選んだ。試合は点の取り合いになったが、最後は陣の策により高さ勝負に負け逆転負けする。試合後、陣との約束により瀬島蹴球隊に移籍した。
本山五郎(もとやま ごろう)
  • DF 観音寺S・S - 瀬島蹴球隊(5)
自称"二段ディフェンス"。仁尾FC戦での陣のプレイを目の当たりにし、彼には二段ディフェンスは通用しないと感じ、試合終了後、瀬島蹴球隊に移籍した。
灰野俊二郎(はいの しゅんじろう)
  • GK 高松FC(1) - 瀬島蹴球隊(1)
英国帰りキーパー。プレミアリーグ所属チームのジュニアチームでプレイしていた。背は低いが、確かな技術の持ち主。
瀬島蹴球隊戦ではスーパーセーブを連発し0-0で前半を折り返したが、陣に後半では3点決めると言われ、雨の中一人奮起し、0-2で試合終了。陣と一緒にサッカーをしたら楽しくなることを信じ、自ら瀬島蹴球隊に移籍することを選んだ。
夏美(なつみ)
本作のヒロイン(?)。新浜小。四国連合戦勝利のために陣にファーストキスをささげた。
勝男(かつお)
陣のイタズラ仲間。新浜小。瀬島蹴球隊対新浜FC戦では、GKを務めた。
新浜FCの監督
瀬島蹴球隊が人数少ないことを利用し、不正な審判を行っていた。しかし、飛沫と薩本、更には5年生チームのメンバーが瀬島蹴球隊に加勢し、不正の余地のない正真正銘のゴールを決められ敗戦。試合後は新浜FCメンバー揃って瀬島蹴球隊へ移籍したため、新浜FCは事実上消滅となった。

愛媛県[編集]

鴨下学(かもした まなぶ)
  • FW 松山FC - 四国連合 - 松山FC
強力ツートップ。四国の強者を集め、一度限りの「四国連合」を結成し、瀬島蹴球隊に逆挑戦状を叩きつけた。
祖父がサッカー協会の理事を務めている。
坂上哲(さかうえ てつ)
  • FW 松山FC - 四国連合 - 松山FC
強力ツートップ。鴨下とのコンビは陣・羽鳥並の実力を持つ様子。
半沢耕次(はんざわ こうじ)
  • MF 伊予FC - 四国連合 - 瀬島蹴球隊(16)
右サイドのスペシャリスト。そのスピードから「槍の半沢」と呼ばれる。
宮路雄太郎(みやじ ゆうたろう)
  • MF 宇和FC - 四国連合
マムシマンマーカー。

高知県[編集]

鷲塚拓也(わしづか たくや)
  • DF 土佐SS - 四国連合 - 瀬島蹴球隊(13)
パワフルディフェンス。
佐藤輝心(さとう てるしん)
  • MF 土佐SS - 四国連合 - 瀬島蹴球隊(12)
ガニマタキープ。四国一ボールキープ力を持つ。

徳島県[編集]

州崎明(すざき あきら)
  • MF 鳴門FC - 四国連合 - 瀬島蹴球隊(14)
10年に一人の天才パッサー。
根本高志(ねもと たかし)
  • GK 徳島阿南S・C - 四国連合
ハイタワーGK。
叶大輔(かのう だいすけ)
  • DF 安芸FC - 四国連合
四国最強リベロ。

単行本[編集]

関連項目[編集]