(53319) 1999 JM8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の本当の題名は「(53319) 1999 JM8」です。記事名の制約を解消するため題名の表示を「(53319) 1999 JM8」と変えています。
(53319) 1999 JM8
Asteroid 1999 JM8.gif
アレシボ天文台によって
レーダー観測された1999 JM8の画像
仮符号・別名 1999 JM8
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アポロ群
金星横断
火星横断
発見
発見日 1999年5月13日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2454600.5)
軌道長半径 (a) 2.706 AU
近日点距離 (q) 0.948 AU
遠日点距離 (Q) 4.465 AU
離心率 (e) 0.6498
公転周期 (P) 4.45 年
平均軌道速度 22.50 km/s
軌道傾斜角 (i) 13.839°
近日点引数 (ω) 166.276°
昇交点黄経 (Ω) 133.898°
平均近点角 (M) 349.935°
物理的性質
直径 7.0 ± 1.4 km
自転周期 136 時間
スペクトル分類 X
絶対等級 (H) 15.032
■Project ■Template

(53319) 1999 JM8は、アポロ群に属する地球近傍小惑星1999年5月13日リンカーン地球近傍小惑星探査 (LINEAR) によって発見された。

1999 JM8の直径は約7kmで、潜在的に危険な小惑星 (PHA) の中では最大である。

この事から、発見直後の7月18日から8月8日までゴールドストーン天文台の追跡管制所が、8月1日から8月9日までアレシボ天文台レーダーによる観測を行い、画像を撮影した。なお、この時の1999 JM8の地球からの距離は859万Km(地球・月間の22倍の距離)であった。

この結果、1999 JM8の形状は複雑で(突起状の部分があり、Wikipedia英語版の記事ではローストチキンに例えられている…下の画像参照)、しかもトータティス同様に複雑な自転軸を持っており(結果、右回りでカオス的な自転をする)、自転速度は非常に遅いことが判明した。

2075年、1999 JM8地球へ383万Kmまで接近すると予測されている。

1999 JM8のレーダー画像およびそれに基づくコンピューターモデル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]