出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Luckas-bot (会話 | 投稿記録) による 2012年4月7日 (土) 07:58個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.7.1) (ロボットによる 追加: th:เทะ)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
平仮名
文字
字源 天の草書体
JIS X 0213 1-4-38
Unicode U+3066
片仮名
文字
字源 天の部分
JIS X 0213 1-5-38
Unicode U+30C6
言語
言語 ja
ローマ字
ヘボン式 TE
訓令式 TE
JIS X 4063 te
アイヌ語 TE
発音
IPA
種別
清音

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第4行第4段(た行え段)に位置する。清音の他、濁音、デ)を持つ。

概要

「て」の筆順
「テ」の筆順

て に関わる諸事項

  • 水産業においてを「て」と略すことが少なくない。メダイをメて、養殖タイをヨてなど。
  • 「ティ」のように書いて、「た」「て」「と」の子音と「い」をあわせた音を表す。かつて、「ち」はこの発音であったが、中世以降現在の音に変化していった。
    • また、「テャ」「テュ」「テョ」のように書いて、「ち」の子音によらず「た」「て」「と」の子音とや行をあわせた拗音のような音を表す。
  • アラビア文字حの形がよく似ており、独立形はほぼ同じように書かれる。
  • (郵便マーク)は、旧・逓信省の頭文字をとって、片仮名の「テ」を図案化したものである。
  • 片仮名の「テ」は、日本国有鉄道において鉄製有蓋車または展望車を表す記号。

関連項目