内戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。EmausBot (会話 | 投稿記録) による 2012年6月3日 (日) 12:07個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.7.2+) (ロボットによる 変更: id:Perang saudara)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

内戦(ないせん civil war)とは、国内において対立した勢力によって遂行される武力を用いた闘争、戦争を言う。

用語

スペイン内戦(1937年)
レバノン内戦(1978年)

内乱と内戦は同義に用いることも多く、厳密な区別はない。しかし一般的には暴動の範囲内であるものを「内乱」と呼び、武力を用いる形態にまで発展したものは「内戦」と呼んで区別する場合もある。英語のcivil war(内戦)の語源はラテン語のbellum civile(ローマ市民同士の戦争)である。

ただし近代的な国際関係・国際秩序が形成された1648年ヴェストファーレン条約以前においては内戦と対外戦争との区別は明確ではない。 また、フランス革命共産主義革命ルーマニア革命のように内戦や内乱ではなく革命という表記を用いる場合も多い。

内戦と内乱の用語の使い分けは慣習的なもので、明確な区別があるわけではない。スペイン内戦は「スペイン内乱」とも呼ばれる。国際法上の位置づけとしても、南北戦争では両当事者に戦時国際法が適用されたが、ロシア内戦では国際法は無視された。国家の転覆を意図した者には内乱罪が適用されるが、内戦の規模が大きくなると、南北戦争の例のように政治的な理由から同罪の適用が避けられることもある。

植民地の独立戦争などは支配側は内戦と呼び、植民地側は独立戦争と呼ぶことが多く、アルジェリア戦争のようにアルジェリア側は独立戦争と呼び、フランス側は内戦と呼んだように主体によって内戦かどうか意見が分かれることも多い、このような場合には支配者側が交戦相手を国家とは見なさず、相手を戦時捕虜ではなく単なる犯罪者として扱い、捕虜の権利を認めない、犯罪者として刑事罰を課したり、死刑にしたりする事態が発生することも多い。 ルーマニア革命では軍隊と秘密警察という国家機関同士の戦いになり、秘密警察の構成員は全員が非合法組織の犯罪者とされ、死刑、懲役、公職追放などの処分を受けている。

内戦は、国内の政治的権力を争うために起こるもの(戊辰戦争イエメン内戦アンゴラ内戦など)の他、民族的(ルワンダ内戦。南北戦争やボーア戦争も同側面がある)、宗教的(レバノン内戦スーダン内戦など)、イデオロギー的(スペイン内戦ニカラグア内戦エルサルバドル内戦など)な衝突などから生じるものがある。冷戦下では様々な国外勢力が間接・直接的に介入し、事態を悪化させるケースも多かった。一時、冷戦後は国際社会は介入に概ね消極的となったが、EUにとっては域内であり歴史的に重要な地域であるユーゴスラビア内戦や、地下資源ダイアモンド)の利権をめぐって残虐行為が繰り広げられたシエラレオネ内戦のように冷戦後に悪化するケースも多く、ふたたび国外勢力が介入する場合も多い。民族的なものについては民族紛争も参照。独裁政権の国では民主化要求デモなどの武力を行使しない運動も内乱と規定され武力によって鎮圧されることがある。

内戦一覧

近代的な国際関係・国際秩序が形成されたおもに17世紀後半以降の内戦のみをあげる。戦争一覧および独立戦争一覧も参照。

参考文献

  • 田所昌幸「安全保障の新展開:1 内戦型紛争」防衛大学校安全保障学研究会編『最新版 安全保障学入門』亜紀書房、2003年、pp.254-258.
  • Asprey, R. B. 1975. War in the shadows: The guerrilla in history. 2 vols. New York: Doubleday.
  • Bond, J. E. 1974. The rules of riot: International conflict and the law of war. Princeton, N.J.: Princeton Univ. Press.
  • Wheatcroft, A. 1983. The world atlas of revolutions. New York: Simon and Schuster.

関連項目