奚岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。ささら (会話 | 投稿記録) による 2012年5月27日 (日) 10:43個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (image)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
奚岡

奚 岡(けい こう、男性、1746年 - 1803年)は、中国清朝 嘉慶道光期の篆刻家書家画家である。西泠四家に加えられる。

は鋼、を純章、は鉄生・蘿龕・鶴渚生・蒙泉外史・蒙道士・散木居士。浙江銭塘の人。

略伝

早熟で子供の時には八分書を書き、長じて行書草書は名声を得た。山水画にも巧みで董其昌王時敏らに師法し、花卉画は惲寿平の衣鉢を継ぎ秀逸である。篆刻丁敬に直接師事し、自由で清らかな作風であった。

著書

  • 『冬花庵燼餘稿』
  • 『蒙泉外史印譜』

出典