深淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。EmausBot (会話 | 投稿記録) による 2012年5月25日 (金) 21:27個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.7.2+) (ロボットによる 追加: ru:Бездна (религия))であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

深淵(しんえん)とは、深い淵や水の深く淀んだ場所を指す語。英語abyssに対応する。 新共同訳聖書では創世記に登場する単語テホム(en:Tehom)の訳語として用いられている。

フレッド・ゲティングズ著『悪魔の辞典』によると、悪魔学においては「進化の終着点」を意味し、すなわち人間の行き着く最後の未来を意味する。これから連想が進み、ヨハネの黙示録アバドンといったイメージになった。カバラの学者は深淵をマサク・マヴディルと表現し、落伍者の行き着く場所と解釈している。