卒業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Azbstks1218 (会話 | 投稿記録) による 2012年5月6日 (日) 07:21個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎卒業をモチーフにした作品)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

卒業(そつぎょう)とは、学校の規定の全課程を修了することである(しかし、全課程を修了しなくてもできる卒業もある。『特別卒業』の項、参照)。幼稚園については、卒園(そつえん)ということが多い。対義語は入学である。また、卒業した者を卒業生既卒者といい、卒業した学校を母校出身校などという。

概要

学校を卒業することは、上級学校への入学や就職の条件になっていたり、資格を得るために必要な事がある。なお、卒業という語が用いられるのは、学校の主要課程である本科に対してのみである。
また、卒業の他に「修了」という用語があるが、修了は全ての課程において使用される語である。学校を、修了せずに去ることは、「卒業」ではなく、理由に応じて「退学(中退)」や「除籍」と呼ばれる。一方、旧制中学校4年修了後に上級学校に進学した場合のように、「卒業」と同等の扱いを受けることもあった。

卒業を記念して行われる行事として、卒業式がある。

卒業は、それまで生活をともにしてきた友人達との別れを意味することが多いため、悲しみとともに語られることが多い。一方で、新たなる生活のための節目としての意味合いもある。 (卒業に際しての心理などは、「卒業式」も参照のこと

学校により、卒業をすると共に、学士修士博士専門職学位短期大学士準学士専門士高度専門士など、法令で規定されている学位または称号が授与される。 大学学部〔学部以外の教育研究上の基本となる組織を含む〕を卒業すると学士の学位、短期大学を卒業すると短期大学士の学位が授与される。大学の大学院を卒業すると課程条件に応じて、修士の学位、博士の学位、専門職学位が授与される。 高等専門学校を卒業すると、準学士の称号が付与される。 専修学校専門課程専門学校)のうち一定の要件を満たす課程を卒業すると専門士または高度専門士の称号が付与される。

卒業で与えられる、学位と称号に関しての詳細は「学位」もしくは、それぞれのページを参照のこと

卒業を条件とする資格としては、医師国家試験司法試験教育職員免許状などが有名である。これらのように、国家資格資格試験においては、既定の学校・学部の卒業や、卒業した後の実務経験を受験の前提条件としたり、卒業した者は試験科目の一部を免除することが行われている。(ただし、これらには、卒業以外の条件も設けられることが多い。)

なお、学校を去る意味から転じて、何かから足を洗うことを比喩的に「卒業する」とも言い(例:煙草を卒業する)、他にもテレビ番組ラジオ番組の放送局において出演者が番組改編により番組を去る時(交代)、歌手グループなどからメンバーが脱退する際や、町内会や商工会等の組織で加齢や結婚に伴い、例えば、壮年(婦人)部から老人部に上がる際にも比喩的に「卒業」と表現することがある。

特別卒業認定

明治大学は、全課程を修了していない中退者に対して、特別卒業認定をすることがある。第一号が北野武、第二号が阿木燿子である。ビル・ゲイツハーバード大学を中退後、企業家としての業績を認められて、卒業認定された。

明大は、特別卒業認定するための要件として、「やむを得ない事情によって、退学あるいは除籍された」ことを、挙げているが、北野武本人は、自著『たけし!俺の毒ガス半生記』や『孤独』(ロッキングオン社)所収の「北野武、新宿を語る」などで、通学途中で新宿で下車した(つまり自分の意志でドロップアウトした)と語っているし、明大自身が、母によって授業料がしっかり払われていたが北野が学生運動に起因する講義中止のせいで意欲をなくした(つまり、意欲の問題で退学した)と認めているので、この要件が満たされているのかに疑問が生じる。

卒業をモチーフにした作品

文学

  • 『卒業』(Charles Webb, The Graduate, 1963年)

音楽

シングルの場合、卒業式を目前に控えた1月から3月にリリースされることがほとんどである。歌詞の内容は主に仲間と別れる悲しみや友情が永遠であること、卒業していく先輩(男子生徒)を想い慕う後輩(女子生徒)の気持ちなどを卒業していく情景に重ねていくというもので、直接的に学校の卒業を指していないことが多い。しかし、尾崎豊のように大人への反感を荒々しく歌い上げたものもある。

歌の題材となる卒業は主に高校もしくは中学校に関するものだが、1970年代には大学のものも多く歌われた。

楽曲一覧

映画

テレビドラマ

関連項目

脚注

  1. ^ 愛する人との別れをテーマにした曲で、本来は卒業ソングではない。
  2. ^ 彼女の引退をモチーフにした曲であるが、卒業ソングとしても時々出てくる。
  3. ^ もともとは結婚式がモチーフとなっている曲であるが、フジテレビ系テレビドラマ「1リットルの涙」で挿入歌として使用された影響で卒業ソングとして扱われるようになった。オリコン調査によるランキング「定番の卒業ソング」で2007年から5年連続で1位を獲得している。

外部リンク

  • 明大の特別卒業の証拠[1]:明大側が、北野が意欲不足によって通学しなかったことを認めている。
  • ゲイツ名誉学位[2]