学者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。EmausBot (会話 | 投稿記録) による 2012年4月24日 (火) 21:05個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.6.4) (ロボットによる 追加: ky:Академик)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

学者(がくしゃ)とは、何らかの学問研究教授を専門職とする、およびその職業人の総称である。研究者(けんきゅうしゃ)とも言う。学問の専門家

概要

学者とは、大学の専任教員、研究機関研究所の専属研究員、博物館の専属学芸員といった職業研究者を指す。理系の場合には、世界的に見て博士が必要条件であることが多い(アングロサクソン文化では、研究職にあっても修士は、研究補助員としか見なしてくれない)。また、特定の大学研究所に専任または常勤ポストを持たず、非常勤やパートのような形態で勤務する場合は、一般的に研究者とはみなさない。このため、他に職業を持ちながら自分で研究活動を行う研究家(けんきゅうか)も狭義には学者(がくしゃ)とは区別するべきである。

学者は、研究活動の成果を定期的に学会で発表を行うと言う印象が世間一般では通っているようである。例えば創作中のいわゆるマッドサイエンティストは、「学会で発表したものが認められなかったから」といったなりゆきが語られることが多い。しかし、これは必ずしも正しくなく、なかなか発表を行わない学者も存在する。ちなみに、「学会で発表」というと、学者が集まった会でみんなの前で演説する印象があるが、具体的な発表の形としては、ブラインドレビューシステムにおける査読を経た学術論文の出版が唯一の正当なものであり、口頭発表やポスター発表などは後に論文の形で出版されない限りは正式のものとは認められない。また、マスコミを介した発表や個人のブログやホームページ等を用いた発表も正式なものではない。大学などで発行される紀要等も査読を課さないものが多く、分野によっては学術論文とはみなさないことがある。

学者の格というのは、例外もあるが、世界的に見て論文(分野によっては特に英語で書かれた査読付きフルペーパー)の質と数で決まると言っても過言ではない。学者としての一つの称号である博士を取得するには、大学によるが、通常3本以上の査読付き論文を必要とし、その後のポスト探しにおいても論文数が重要な要素となる。この評価方式であるため、ある意味、研究能力(論文数)に応じて平等とも言えるが、その生き残りは非常に困難である。本制度は、論文の書きにくいテーマを選んだ人に不利で、さらには他の面(人格、社会貢献や教育貢献)が評価の対象に上がり難く、この弊害が長年指摘され続けていた。

なお、学者の縦の繋がりは強いが、横の繋がりは少なく、分野が違うと顔見知りもおらず、またその分野独特のしきたりも違う。また各々の学者は、自分の専門外の分野に関しては全くの素人と言っても過言でない。このことより蛸壺的な村社会であるとの指摘がある[要出典]

学術論文

学術論文を書くということは、まず文献データベースにより先行研究の調査を行うことから始まる。その後、テーマと仮説等を立て、実験・理論検討等を経て研究成果を書き上げる。次に、その原稿を学術雑誌に投稿し、原稿は2人以上の査読者の査読がかけられる。この査読は、新規性や文章構成等細かいチェックが入る。通常は1回はリジェクトされることが多い。査読にパスすると晴れて論文となり、学会誌に掲載される。この一連の流れには、およそ1年を要する。このため、平均的な学者は年に1本の論文生産となる。査読期間中に別論文を書く等で年2本以上の論文を書き上げることは不可能ではないが、相当の労力を必要とする。もっとも、分野によっては一つの研究で複数の論文を仕上げるから、この限りではない。

この労力より、博士課程とは通常3年であるが、3年で3本の論文を書いて更に公聴会等をこなすのは困難であり、修士時代に少なくとも1本の論文を書いていなければストレートに博士号を取ることは難しい。このことより、最近日本の一部の大学では、博士号取得に必要な論文数を減らしているケースもある。どの程度緩和されているかについては、専攻間に格差があり、同じ大学であっても、専攻によって異なる。また、アクセプトの期限(公聴会までに全てアクセプトされていなければダメなのか、修了日までにアクセプトされればよいか等)、長さ(フル/レター)等に制限がある場合もある(3本中少なくとも1本はフルペーパーであること等)。

また准教授教授の募集においても、建前として募集者の中で最も論文数の多い学者が選ばれるため、場合にもよるがおよそ20本以上の論文を書き上げる必要があり、その困難さが伺い知れる。ただし、高位のポストの学者は部下や同僚が連名者として名前を入れるため、自動的に論文数が増えることになり、この点で有利となる。

なお、これらの論文を書くという能力は答えのない分野を開拓することであり、暗記といった受験の能力とは別で、学校の成績の良かった者が必ずしも論文を書けるわけではない。また学者は論文執筆能力は高いが、職業教育を受けた人は少ないためそれ以外の能力は必ずしも高いわけではない[要出典]。 学術論文と同様に、研究活動の成果として著書を執筆する研究者も多い。しかしながら、著書のほとんどは査読を経る必要がない。自費出版で書籍を出版することもできるため、学者の評価としては適切であるとは言えない。

各学会は、学会への貢献者や優れた論文に対して賞を与える。また、世間で有名なノーベル賞フィールズ賞といった賞、行政や財団が与える賞がある。これらの賞は、論文とは別の、一つの学者の格になっている。

待遇

学者の待遇は所属機関によって差がある。社会的地位は特に欧米で高い。

一般社会への成果移転問題

学者の成果とは論文であったため、社会への貢献が直接的でないとの指摘を受けていた。このため、各大学では新たな財源という意味でも技術移転の組織を作るようになってきた(なお、以前から大学教授に直接依託するケースはあった)。また、県の研究所や一部の国立研究所では技術移転の組織のあることが多い。

しかし、これらの技術移転組織は、うまく機能していないことが多い。これらは、元々研究という100に1、2がもしかして10年以上経ったときに役に立つかもという性質の仕事を行っていることと、下記の技術者との認識のずれから起こるものである。

企業から依託のあった場合、選ばれる担当者は、企業から依託された分野の専門と完全に一致する場合も少なく、また依託された内容は多岐の分野に渡る場合が多いため、まず元となる文献調査から始まる。しかし、前述したように、自分の専門以外では素人であることが多い。ここで、文献に書かれている他分野の用語、記号使い、概念の一部といったものがその担当者の分野と違う場合が多いために、まず担当者が苦しむことになる。続いて、その原論文を元に、経験則による補正、最適化、評価がスタートする。ここでは、論文のために、定量化可能な評価しか行われないことが多い(定量化不能なことは論文の査読にはまず通らない)。しかし、実際に必要な評価というのは、安全、コスト、リサイクル、ライフサイクルといった定量化し難い項目である現実の問題であることが多い。このため、次にそのアウトプット論文に対して、現実の製品に反映させるためには、依託側の現場の技術者が解釈する必要がある。ここでも、現場の技術者の使う用語、記号また概念は学者と違う場合が多く、技術者が苦しむことになる。更には、具体的な製法やPL法、特許、安全、コストの評価という労力のかかる仕事をこなす必要がある。この最終段階の仕事の内容を学者は知らないことが多く、また知っていても経験の無いことが多い。

企業から依託されたテーマについての成果は、企業側は上記の最終段階の仕事を要求し、大学(または研究所)側はアウトプット論文の解説、試験、指南および試作程度を想定し、その2者には意識の違いがあり、双方不幸な結果に終わることが多い。これは、企業側が大学にできることが何かを認識しておらず、大学も実社会経験のある人が少ないことが原因であり、こういった意味で、研究とは何かを広くアピールし、かつ技術者上がりの学者を雇うべきだという声もある[要出典]

一方で、理化学研究所では戦前からそのアウトプットを元に自らが事業を行い成功してきており、更にはベンチャー企業は大学から生まれたものが多く、幾つかはその研究成果を元に成功を収めている。但しこれらは、基本的にシーズ志向のものであり、日本におけるニーズ志向の技術成果移転は模索段階とも言える[要出典]

一方で、アメリカ合衆国の大学は政府や企業からの依託研究が多く、社会の研究機関として確立されている。また、アメリカの大学教授は、ベンチャー企業の社長を兼任する例が多い。

一覧

関連項目

外部リンク