麿赤兒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。レタス (会話 | 投稿記録) による 2012年5月31日 (木) 21:55個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎テレビドラマ)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

まろ あかじ
麿 赤兒
生年月日 (1943-02-23) 1943年2月23日(79歳)
出生地 日本の旗 日本奈良県桜井市
国籍 日本
職業 俳優舞踏家演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1964年 -
活動内容 1964年状況劇場入団
著名な家族 長男(大森立嗣
次男(大森南朋
公式サイト 大駱駝艦
 
受賞

2008年舞踊評論家協会賞

2006年度文化庁長官賞
テンプレートを表示

麿 赤兒(まろ あかじ、1943年2月23日 - )は、日本俳優舞踏家演出家奈良県桜井市生まれ。

人物・来歴

1歳の時、父親が太平洋戦争で戦死。また母親が精神を病んだため小学5年生の時に奈良県三輪山麓に住むおじ夫婦に預けられる。奈良県立畝傍高等学校卒業、早稲田大学文学部哲学科中退。舞踏家土方巽に師事。唐十郎と劇団状況劇場設立。1972年には独自に大駱駝艦を設立、主宰する。海外公演でも知られ、舞踏を「BUTOH」として広めている。また、俳優活動も行っている。長男に映画監督・大森立嗣、次男に俳優・大森南朋がいる。

1974年、1987年、1996年、1999年、2008年に舞踊評論家協会賞を受賞。2006年に文化庁長官表彰を受賞。

芸名「赤兒」の由来については、「寒い冬の日に便所で尻を拭いたら、切れ痔で紙が真っ赤っかだった。それを見てつけた」と述べている。

本人は、「赤兒」という芸名から、「赤字」を連想させる為にスポンサーの付くテレビドラマからお声が掛からないと、本気か冗談か判らない事を言っている。また、それ故、「青兒」と名乗る事もあったという。

出演

映画

テレビドラマ

インターネットドラマ

バラエティほか

  • タモリ倶楽部(1990年11月23日 - 1991年4月26日、テレビ朝日) - 「瞑想アワー」出演

CM

書籍

  • ハイパーアングルポーズ集SP 怪人(2011年8月26日、創美社)
  • 怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世戯れて候ふ(2011年10月7日、朝日新聞出版)

舞台

関連項目

外部リンク