裂肉歯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。AvocatoBot (会話 | 投稿記録) による 2012年5月14日 (月) 08:23個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.7.1) (ロボットによる 追加: simple:Carnassial)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
Hyaena eximia head.jpg
Azawakh K9.jpg

裂肉歯(れつにくし)は多くの肉食哺乳類において見られるはさみのように剪断する

裂肉歯は大きく先の尖った形状で、硬い肉の剪断、骨の粉砕に用いられる。オオカミライオンなどの野生肉食動物において、裂肉歯が失われた場合には飢餓で死亡する。

ネコ目においては、上顎の最後方小臼歯下顎第一大臼歯が裂肉歯となっている。しかし、新生代肉歯目では、さらに後方である上顎第一大臼歯下顎第二大臼歯、または上顎第二大臼歯下顎第三大臼歯が裂肉歯となっていた。

関連項目