警察犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。58.91.48.107 (会話) による 2012年5月12日 (土) 02:49個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

警察犬(けいさつけん)とは人間の4千倍~6千倍といわれるの鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用するものである。また警戒犬や攻撃犬としても使用される。歴史的には軍用犬番犬猟犬から発展した。

日本では警察が所有し使用する直轄犬、 警察が実施する試験に合格し警察から非常勤の警察犬として認められた嘱託犬をいう。また広義には日本警察犬協会が警察犬としての能力を認定している7犬種を警察犬ということもある。

警察犬を最初に使用したのは19世紀ドイツヒルデスハイム市警察とされる。 日本では1912年警視庁イギリスから警察犬2頭を採用したのが始まりである。 現在警視庁鑑識課だけでも32頭が使用され、その他各道府県警鑑識課でも使われている。 なお、警視庁警備部警備二課には警察の捜索活動を行う警察犬だけではなく犯人制圧や災害救助犬のように被災者捜索を行う警備犬がいる。 また米国ではポリス・ドッグはK9と略称される(canine―“犬”との語呂合わせ)。

日本の警察犬種

警察犬種として日本警察犬協会が指定するものは7種[1]。さらに民間の嘱託警察犬には指定犬種以外のもので、警察の嘱託を受ける犬がいる。

日本警察犬協会の指定犬種

1880年頃、ドイツ中部および南部の山岳地方に存在した羊の番犬から高度な能力を有する軍用を目指して開発された犬種。第一次世界大戦でドイツ軍が軍用犬として採用し、優秀さが認められた。日本でも戦前、軍用犬として採用されている。日本の警察犬で一番登録数の多い犬種である。
19世紀末にドイツテューリンゲンのルイス・ドーベルマンが開発した犬種。軍用犬としても用いられた。断尾、断耳されることが多い。
英国のテリア種で猟犬として使われていたが、英国、カナダなどで警察犬としての実績をもつ。
英国北部スコットランド高地地方の原産で、テレビドラマ『名犬ラッシー』で有名になった。日本では1958年から警察犬に指定されている。
ドイツで闘犬として作出された犬種で、断尾、断耳されている。
北欧や英国の原産で、カナダのラブラドル半島で海に落ちた魚等を回収する仕事に使われていた。盲導犬麻薬探知犬として採用されている。日本では1984年警察犬に追加された。
スコットランド原産で、警戒能力は弱いが足跡追跡や臭気選別能力が高い。日本では1992年に警察犬指定された。

指定犬種以外のもの

飼い主に対する忠誠心は非常に高い反面、見ず知らずの他人に対しては警戒心が強い傾向がある。日本初の小型犬種の警察犬。
2010年1月1日和歌山県警の嘱託警察犬として登録された(登録名は「クリーク号」、元の名前は「くぅ」)[2]
2010年11月19日奈良県警の嘱託警察犬審査に合格し、2011年1月に登録された。体重3キロと小さいため災害などの捜索救助活動に携わる[3]
日本古来の犬種で、日本犬の中では唯一の小型犬種である。忠誠心が厚く勇敢で、他人に対する警戒心が強い。日本犬の特徴的な性質として、やや頑固なところがある。日本初の日本犬の警察犬。
2011年6月に行われた岡山県警の嘱託警察犬審査に合格した。2011年8月1日より登録された。(当時5歳のメス「二葉」)[4]
2011年11月18日に行われた鳥取県警の嘱託警察犬審査会で2頭が合格した[5]

2011年11月現在、小型犬種の警察犬は和歌山県警・奈良県警・岡山県警・鳥取県警(2頭)の5頭。

参考文献

  • 三田村信行・田代三善 『行け!名警察犬アルフ号』 偕成社、1991年。ISBN 978-4036344604

関連項目

脚注

  1. ^ 警察犬指定犬種(種類)の照会
  2. ^ 体重6キロ、日本一小さい?警察犬「くぅ」ちゃん誕生朝日新聞2010年1月18日
  3. ^ チワワの桃、警察犬に合格…来年1月から出動!読売新聞2010年11月19日
  4. ^ 和犬で初の警察犬、柴犬「二葉」3度目で合格 産経新聞2011年7月20日
  5. ^ 全国初のトイプードル警察犬誕生…初挑戦で合格 読売新聞2011年11月29日

外部サイト