曾聯松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。むじんくん (会話 | 投稿記録) による 2012年1月22日 (日) 06:06個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (cat修正)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
曾聯松が設計した中華人民共和国の国旗の最初のデザイン

概要

曾 聯松1917年 - 1999年),浙江瑞安県の出身。中華人民共和国国旗をデザインした人物である。

1936年に、國立中央大學1949年に大陸で南京大學と改名し、1962年台湾で、復活している)の経済学部に入学した。後に、抗日救亡連合会に参加し、革命に身を投じた。かつて、上海市政治協商会議の常任委員を務めていた。

参考文献

関連項目

「上海:「五星紅旗」の父、曾聯松氏の銅像が登場」(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2004&d=0925&f=national_0925_007.shtml)