山本清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。SeitenBot (会話 | 投稿記録) による 2021年3月14日 (日) 21:31個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (Botによる: {{Normdaten}}を追加)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

山本清一(やまもと きよかず、1932年(昭和7年)11月1日 - 2018年(平成30年)12月12日)は、日本工事技術者、日本伝統瓦技術保存会会長。奈良県生駒市に生まれる。

概要

父はを葺く職人で清一は尋常高等小学校卒業後に職人になり21歳まで父の下で仕事をする。その後、文化財の瓦葺きの棟梁井上新太郎のもとで修行し、26歳で独立した。東大寺大仏殿法隆寺金堂など多くの伝統的建築物復元再建に取り組む。1960年(昭和35年)、28歳で姫路城昭和大修理の瓦工事の棟梁が辞め次の棟梁に抜擢され務める。1963年(昭和38年)、31歳で会社組織化し山本瓦工業株式会社を設立する。2000年(平成12年)に従来の瓦の問題点を解決した南都平瓦を開発し特許取得する。[1]

1994年(平成6年)には文部大臣より、選定保存技術保持者「屋根瓦葺(本瓦葺)」に認定される[2][3]。主に、法隆寺金堂、姫路城東大寺大仏殿薬師寺唐招提寺金堂、平城宮跡朱雀門大極殿東本願寺松本城の修復に携わる[1]。1998年(平成10年)には労働大臣卓越技能者表彰、さらに、2001年(平成13年)には黄綬褒章、日本伝統瓦技術保存会3代目会長に就任する(- 平成30年6月まで、以後名誉会長になる)[4]、2007年(平成19年)には旭日双光章を受章する。2011年(平成23年)姫路城の平成大修理の屋根瓦の工事を統括する棟梁に再度選ばれる[5]。現役を続けるとともに次世代の育成に力を入れていた。

2018年12月12日、胃がんのため死去。86歳没[6]

2019年9月「瓦職人 山本清一作品展」が、奈良県奈良公園バスターミナル展示室で、東大寺大仏殿や興福寺中金堂などの修理・復元工事で葺かれた瓦と同時制作瓦約20点で開催される[7]

著書

脚注

  1. ^ a b 山本瓦工業株式会社HP職人2019年9月18日閲覧
  2. ^ 文化財を保存するための伝統的な技「選定保存技術」
  3. ^ 選定保存技術の選定及び保持者・保存団体の認定について
  4. ^ 日本伝統瓦技術保存会HP2018年6月「概要・ご挨拶」2019年9月18日閲覧
  5. ^ 神戸新聞「姫路城、瓦工事棟梁に山本さん 半世紀前に続き2度目」2015年4月14日閲覧
  6. ^ “東大寺・姫路城の瓦修理の棟梁 山本清一さん死去”. 朝日新聞社. (2018年12月12日). https://www.asahi.com/articles/ASLDD4DP4LDDPOMB00D.html 2018年12月15日閲覧。 
  7. ^ 奈良新聞2019年9月18日《「繊細な美意識に驚き」奈良で瓦職人・山本さん作品展》2019年9月18日閲覧

外部リンク