宇野邦一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。223.218.173.6 (会話) による 2021年1月1日 (金) 06:30個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎外部リンク)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

宇野 邦一(うの くにいち、1948年7月30日 - )は、日本哲学者フランス文学者立教大学名誉教授。専門は映像身体論、身体論、現代思想

経歴

島根県松江市出身。京都大学文学部仏文学科卒業。パリ第8大学ジル・ドゥルーズの指導を受け、アントナン・アルトーについての研究で1980年に博士号取得。1979年、「文学の終末について」で第22回群像新人文学賞評論部門優秀作。神戸市外国語大学を経て、1987年より立教大学に勤務。同大学現代心理学部教授。2014年退任[1]

著書

単著

  • 『意味の果てへの旅――境界の批評』青土社 1985
  • 『風のアポカリプス』青土社 1985
  • 『外のエティカ――多様体の思想』青土社 1986
  • 『混成系――死と批評』青土社 1988
  • 『予定不調和――境界の小説』河出書房新社 1991
  • 『日付のない断片から』書肆山田 1992
  • 『物語と非知』書肆山田 1993
  • 『ジュネの奇蹟』日本文芸社 1994
  • 『D 死とイマージュ』青土社 1996
  • アルトー――思考と身体』白水社 1997、新装版 2011
  • 『詩と権力のあいだ』現代思潮社 1999
  • 『他者論序説』書肆山田 2000
  • 『ドゥルーズ――流動の哲学』講談社選書メチエ 2001/講談社学術文庫 2020
  • 『反歴史論』せりか書房 2003/講談社学術文庫 2015
  • ジャン・ジュネ 身振りと内在平面』以文社 2004
  • 『破局と渦の考察』岩波書店 2004
  • 『<単なる生>の哲学――生の思想のゆくえ』平凡社 2005
  • 『映像身体論』みすず書房 2008
  • 『ハーンと八雲』角川春樹事務所 2009
  • 『ドゥルーズ――群れと結晶』河出書房新社〈河出ブックス〉2012
  • 『The Genesis of an Unknown Body』n-1 publications 2012
  • 『アメリカ、ヘテロトピア 自然法と公共性』以文社 2013
  • 吉本隆明――煉獄の作法』みすず書房 2013
  • 『〈兆候〉の哲学』青土社 2016
  • 土方巽――衰弱体の思想』みすず書房 2017
  • 『政治的省察――政治の根底にあるもの』青土社 2019

共編著

  • 『ドゥルーズ横断』編集、河出書房新社 1994
  • 『マイノリティは創造する』野谷文昭共編、せりか書房 2001
  • 『アメリカ・宗教・戦争』西谷修鵜飼哲共著、せりか書房 2003
  • 『D.H.ロレンスとアメリカ/帝国』富山太佳夫、立石弘道、巽孝之共著、慶應義塾大学出版会 2008

翻訳

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク