相泊温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Tabigarasu179 (会話 | 投稿記録) による 2020年12月5日 (土) 03:57個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (修正)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 相泊温泉
Aidomari spa.JPG
温泉情報
所在地 北海道目梨郡羅臼町相泊
交通 北海道道87号知床公園羅臼線を羅臼町市街地から北上し、終点付近
泉質 食塩泉
泉温(摂氏 50 °C
宿泊施設数 1
特記事項 宿泊施設は夏季のみ営業
テンプレートを表示

相泊温泉(あいどまりおんせん)とは、北海道目梨郡羅臼町相泊にある温泉である。

構造設備

海岸の際にある野湯で、砂利を掘って木枠で囲った浴槽が設置されている。波浪台風の襲来などで破壊されたり、浴槽自体が埋まることもある。入浴は夏季に限定され、かつ入浴可能日は不定期である。地域住民によって管理されている。

本来は地元漁師の公衆浴場で、観光客向けに整備された施設ではない。時期により露天であったり、合板ブルーシートで小屋掛けを行ったりする。シーズンが終わると小屋を撤去し、浴槽は土砂などで自然に埋められる[1]

近隣の空き地、海岸付近に広がる砂利のスペースはコンブ干場となっている。車両の立ち入りやキャンプは禁止されている。

泉質

  • 食塩泉、 源泉温度は50度前後。新第三紀層の火山砕屑岩の亀烈から噴出しており、陽イオンではナトリウムイオン、陰イオンでは塩素イオンが多い塩化物泉(食塩水)となっている[2]

温泉街

  • なし。近隣に夏期のみ営業の民宿が1軒、番屋が多数、相泊漁港がある。

備考

  • 開湯期間は、不定期(夏期限定)。

アクセス

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 今日の相泊温泉(2018.5.9アクセス)
  2. ^ 『知床の地質』、p.212

参考文献

  • 知床町立知床博物館編『知床の地質』(北海道新聞社、2009)

関連項目

外部リンク