ギャル鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。126.53.110.244 (会話) による 2020年12月3日 (木) 04:59個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎制作の経緯)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

ギャル鉄』(ギャルてつ)は 松山せいじによる日本漫画。『チャンピオンRED』(秋田書店)にて2020年10月より連載開始[1]。松山の鉄道漫画としては『鉄娘な3姉妹』『ゆりてつ』に続く作品である[1]

あらすじ

新宿駅で男性サラリーマンがギャルにぶつかり、相手に中央線山梨県四方津へ連れて行かれる[1]。サラリーマンは彼女が鉄道マニアであることを知り、二人はそれから連れ立って鉄道旅行に出かけるようになる[1]

制作の経緯

前述した『鉄娘な3姉妹』『ゆりてつ』は小学館の『月刊サンデーGX』で連載された、いずれも鉄道に興味ある少女たちの物語。『ゆりてつ』に続いて松山は鉄道マニア少女とサラリーマンの物語を温めていた。まず『小さな鉄のメロディ』として『COMIC鉄ちゃん』に掲載(辰巳書店が鉄道アンソロジー漫画雑誌として2014年に創刊)するが、一号のみ出しての廃刊で6年後になって秋田書店とのタッグで実現することになった[要出典]

登場人物

主要人物

後藤寺ミオ(ごとうじ ミオ)
主人公。見た目はギャルメークな女子高生だが、実はハードコアな鉄道マニア。彼女の胸にぶつかった日田彦を拉致して連れてきたところは以前、小さいころに兄と訪問したところであったという。
田川日田彦(たがわ ひたひこ)
うだつの上がらない眼鏡のサラリーマン。ミオの胸にぶつかってしまい、そのまま拉致されたが「連れていきたい場所を一緒に見るだけ」とわかり、一安心。彼女の鉄道を語る表情に癒され、その後もミオと鉄道活動をすることとなった。

脚注

  1. ^ a b c d “「ゆりてつ」「鉄娘な3姉妹」松山せいじ新連載はギャル×鉄道、チャンピオンREDで開幕”. コミックナタリー. (2020年10月17日). https://natalie.mu/comic/news/400997 2020年11月11日閲覧。