短編小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。MerlIwBot (会話 | 投稿記録) による 2012年6月2日 (土) 07:43個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (ロボットによる 追加: scn:Nutizzia)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

短編小説短篇小説(たんぺんしょうせつ)は小説を長さで分類した呼称の一つで、短い小説を指す。長編小説に対していわれるもので、具体的な長さは決まっていないが、一般に原稿用紙10枚から80枚程度の作品が該当する。また短編のうち特に短いものを掌編小説ショートショート、短編と長編の間の長さのものを中編小説、とそれぞれ呼び分けることもある。連続して短編小説を織り成して一つの大きなストーリーにしたものを連作短編ともいう。

著名な短篇小説家

短篇以外の作品を著した作家を含む。