どっちーも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年8月1日 (土) 15:54; 東口 (会話 | 投稿記録) による版 (→‎多摩版どっちーも: リンクの修正。)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

どっちーもは、京王電鉄が発売する二区間定期券である[1]

概要[編集]

京王電鉄は利用客のライフスタイルに合わせて、新宿駅新線新宿駅までの定期券で渋谷駅、または渋谷駅までの定期券で新宿駅・新線新宿駅での乗り降りができる定期券を2014年9月1日に発売開始した [1][2][3]。愛称は「みんなで選ぼう!愛称決定戦」と題して2014年5月から6月にかけて、5つの愛称候補「プラスoneパス」、「どっちーも」、「デュアルパス」、「よりみち定期券」、「2WAYパス」投票が行われた結果[4][5]、総数2637票のうち最多得票の「どっちーも」が選ばれた[1][2]。「どっちーも」とは、新宿駅と渋谷駅のどちらも使える便利さを、楽しく、親しみやすい単語で表現したものである[1]

どっちーも[編集]

明大前以西の各駅(明大前 - 吉祥寺を含む)から新宿駅・新線新宿駅及び渋谷駅を対象にしたものである[1]。発売金額は、通勤定期券を対象に1箇月の場合プラス1,020円で、発売区間は以下の通りである。

  • 明大前以西の各駅 - 新宿・新線新宿 + 渋谷(東松原 - 神泉での途中下車不可)
  • 明大前以西の各駅 - 渋谷 + 新宿・新線新宿(代田橋 - 初台での途中下車不可)

多摩版どっちーも[編集]

2018年6月1日からは、調布以東の各駅(井の頭線全線を含む)から聖蹟桜ヶ丘駅及び京王多摩センター駅京王永山駅を対象とした「多摩版」が追加された[6]。発売金額は、通勤定期券を対象に1箇月の場合プラス1,020円で、発売区間は以下の通りである。

  • 調布以東の各駅 - 聖蹟桜ヶ丘 + 京王永山(京王多摩川 - 若葉台での途中下車不可)
  • 調布以東の各駅 - 聖蹟桜ヶ丘 + 京王多摩センター(京王多摩川 - 京王永山での途中下車不可)
  • 調布以東の各駅 - 京王永山 + 聖蹟桜ヶ丘(西調布 - 中河原での途中下車不可)
  • 調布以東の各駅 - 京王多摩センター + 聖蹟桜ヶ丘 (西調布 - 中河原での途中下車不可)

ただし、多摩版の「どっちーも」と新宿駅・渋谷駅が乗降可能な「どっちーも」の併用はできない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]