なーむくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2019年1月12日 (土) 03:17; BanjinS (会話 | 投稿記録) による版 (→‎外部リンク: 該当ドメインは無関係のサイトにリンクされているため削除)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

なーむくんは、2010年平成22年)に奈良県で開かれた平城遷都1300年祭関連のマスコットキャラクターの一つ。

概要[編集]

平城遷都1300年祭の公式キャラクターせんとくんに批判的な南都二六会により発表された[1]。 しかし、その後せんとくんと和解する方向に方針転換し、2008年(平成20年)10月25日から始まった「ゆるキャラまつりin彦根〜キグるミさみっと2008〜」でひこにゃんの仲介で仲直りする姿を公開した[2][3]。 南都二六会側は「あくまで共に奈良を盛り上げるための和解であり、仏に失礼なせんとくんの姿を認めたわけではない」としている。同年12月7日には、初めてまんとくんとの対面も実施された。

本名は「南都なーむ」[4][5]。 名前は「南無」に由来し[6]、 聖徳太子の生まれ変わりとの設定で聖徳太子の少年時代をモチーフとした姿をしている。眉と目は十七条憲法にちなむ漢数字の「一七」で表現されている[7][8]

なお、聖徳太子が活躍した時代は平城遷都より100年前の時代であり、平城京が置かれた現在の奈良市近辺の地域との関連も深くはない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]