揖斐川水管橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年10月27日 (水) 03:04; 佐藤莞嬴 (会話 | 投稿記録) による版 (曖昧さ回避ページ水道橋へのリンクを解消、リンク先を水路橋に変更(DisamAssist使用))(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

揖斐川水管橋(いびがわすいかんきょう)は、三重県桑名市揖斐川に架かる、北伊勢工業用水道水管橋である。

北伊勢工業用水道は、三重県企業庁が運営する工業用水であり、桑名市四日市市鈴鹿市津市三重郡朝日町川越町などの工業地帯に水を供給している。

概要[編集]

北伊勢工業用水道は1956年(昭和31年)から給水を開始する。当初の取水口は員弁川であったが、四日市コンビナートの本格的稼動のため水不足が発生する。そこで千本松原に取水口を設置し、長良川の水を取水することとなる。この千本松原取水口からの水管橋として架橋されたのが揖斐川水管橋である。

  • 供用 1961年(昭和36年)
  • 延長 547.0m
  • 管径
φ1,350mm×1連
φ1,200mm×1連
  • 構造 ランガートラス 9連

その他[編集]

隣の橋[編集]

(上流) 今尾橋 - 福岡大橋 - 海津橋 - 油島大橋 - 揖斐川水管橋 - 揖斐長良川水管橋 - 揖斐長良川橋東名阪自動車道) - 揖斐・長良川橋梁関西本線) - 揖斐・長良川橋梁近畿日本鉄道名古屋線) - 伊勢大橋国道1号) (下流)