ナグルファリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。ZéroBot (会話 | 投稿記録) による 2011年12月26日 (月) 23:24個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.7.1) (ロボットによる 追加: es:Naglfari)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナグルファリ[1]古ノルド語: Naglfari)もしくはナグルファル[2](古ノルド語:Naglfar)は、北欧神話に登場する、夜の女神ノートの夫となり、アウズの父となる男である[3][4]

スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第10章によると、ノートは3度結婚したが、ナグルファリが最初の夫であった[3][4]

スノッリ・ストゥルルソンが『ギュルヴィたぶらかし』登場させたこの「ナグルファリ」(Naglfari)は、死者ので作られた船ナグルファルの擬人化であると考えられている[5]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』100頁などにみられる表記。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』232頁などにみられる表記。
  3. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』232頁。
  4. ^ a b 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』303-305頁。
  5. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』100頁。

関連項目

参考文献