アカヤマアリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Ks (会話 | 投稿記録) による 2011年9月15日 (木) 11:32個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎脚注)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
アカヤマアリ 
Formica.sanguinea.-.lindsey.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目) Hymenoptera
亜目 : ハチ亜目(細腰亜目) Apocrita
上科 : スズメバチ上科 Vespoidea
: アリ科 Formicidae
亜科 : ヤマアリ亜科 Formicinae
: ヤマアリ属 Formica
亜属 : アカヤマアリ亜属 Raptiformica
: アカヤマアリ F. sanguinea
学名
Formica sanguinea
Latreille, 1798
和名
アカヤマアリ
英名
Slavemaker ant

アカヤマアリFormica sanguinea)は、アリ科ヤマアリ属のアリ。ヨーロッパロシア東アジアなどに生息する。

概要

体長6-7mm[1]。胸部や肢は赤く、頭部や腹部は通常黒色[1]

アカヤマアリは奴隷狩りをすることで知られており、クロヤマアリヤマクロヤマアリツヤクロヤマアリハヤシクロヤマアリなどを狩り、奴隷として巣に住まわせる[1]。ほとんどの巣で他種のアリと混生しており、単独で巣を作ることは少ない。また蟻塚を作ることはほとんどない[2]

またアカヤマアリ亜属の種として初めて融合コロニー(1つのコロニーが多数の巣を形成すること)の存在が確認された[2]

脚注

  1. ^ a b c アカヤマアリ Formica sanguinea (日本産アリ類データベース)”. 2011年9月8日閲覧。
  2. ^ a b 今村伸児(1975)「北海道大学苫小牧地方演習林のアリ相及びアカヤマアリの融合コロニーに関する若干の観察」北海道大學農學部 演習林研究報告 32(1) 93-104

関連項目