シーパラシー太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。ANBS (会話 | 投稿記録) による 2020年9月11日 (金) 07:08個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎主な登場場所)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

シーパラシー太

シーパラシー太(シーパラ シーた)は、横浜・八景島シーパラダイスマスコットキャラクターである架空の動物である。「シー太君」「シーパラ君」などと呼ばれている。

実在する特定の動物をモデルにした訳ではないが、アシカセイウチを併せた感覚でモチーフにしている。過去の公式サイト内にシー太のページが有り、それには『トドでもアザラシでもない!』と書かれていた。

デザインができた際の仮の名前が「アラト君」だった。(アシカ、ラッコ、トドの頭文字を取った)

主な登場場所

  • アクアミュージアム(水族館)向かいのセンターハウス傍に高さ約3mのシーパラシー太のモニュメントがあり、待ち合わせの目印や記念撮影スポットになっている。以前「SEAPARA VISION」で放送されていた島内オリジナル番組で、センターハウス等に設置された情報カメラによってよくモニュメント周辺が中継されていた。現在は放送されていない。
  • 身長制限のある乗り物の近くに、シー太がデザインされた身長計(110cmと120cmの身長計)が設置されている。ただしブルーフォールにある身長計だけはブルーフォールを模した身長計となっていた。ただし、現在ブルーフォールは営業終了し身長計は撤去されている。
  • センターハウスのモニュメントと同じポーズをしたぬいぐるみが園内売店で様々なサイズで販売されている。2002年平成14年)からは「抱き枕シー太」が発売されている。
  • 各種印刷物や広告でシーパラダイスのロゴと共に登場する。
  • 2001年(平成13年)7月から2002年(平成14年)1月まで、プレジャーランドに「シー太のお部屋」というヘッドホンサラウンドオーディオの特設アトラクションが設置されていた。シー太の仲間達として動物暗室リビングで紹介する内容でだった。
  • シーパラシー太の着ぐるみは各種のイベントに登場し、子供を中心に人気がある。無口で、ダンスも得意ではなく(ダンスを披露することも稀にある)、特筆すべき芸を持たないが愛嬌だけはある。

プロフィール