ニルス・ゲーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。ZéroBot (会話 | 投稿記録) による 2012年3月30日 (金) 07:51個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.7.1) (ロボットによる 追加: pl:Niels Wilhelm Gade)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
ニルス・ゲーゼ
Niels Gade
NielsGade.jpg
基本情報
出生名 Niels Wilhelm Gade
生誕 1817年2月22日
 デンマーク、コペンハーゲン
死没 (1890-12-21) 1890年12月21日(73歳没)
 デンマーク
職業 作曲家、指揮者

ニルス・ウィルヘルム・ゲーゼ(またはガーゼガーデ、Niels Wilhelm Gade, 1817年2月22日, コペンハーゲン - 1890年12月21日, コペンハーゲン)はデンマーク作曲家指揮者・音楽教師。北欧諸国の音楽界の近代化に貢献した。

コペンハーゲンの王室オーケストラでヴァイオリン奏者として活動を開始し、自作の《交響曲第1番》を提出するが、コペンハーゲンでは演奏が拒否された。しかし、これをフェリックス・メンデルスゾーンに送付したところ、積極的に受け入れられ、ライプツィヒで初演してもらうことができた。そこでゲーゼも同地に転出、ライプツィヒ音楽院で教鞭をとるかたわら、ゲヴァントハウス管弦楽団の副指揮者をつとめた。メンデルスゾーンと親交を結んで、創作活動において重要な影響を受けたほか、ロベルト・シューマンとも親しくなった。

1847年に恩人メンデルスゾーンが没すると、ライプツィヒ・ゲヴァントハウスの主席指揮者の地位を引き継いだが、翌1848年にデンマークとプロイセンの紛争が勃発するとデンマークに戻った。その後はコペンハーゲン音楽協会の終身総裁に就任し、新たにオーケストラや合唱団を設立した。また、オルガン奏者としての活動も始め、ヨハン・ペーター・エミリウス・ハートマン(Johan Peter Emilius Hartmann)からコペンハーゲン音楽院院長職を引き継ぐ(1852年にハートマンの娘と結婚)。晩年は北欧の音楽界に権威ある教育者として名をなし、後にグリーグニールセンらに影響を与えた。

諸外国でも名声ある北欧の作曲家と言えば、「ソナチネアルバム」にも名を残したクーラウや、外国の進歩的な作曲家と親交を結んでいたハートマン親子もいたが、特にソナタ形式に関係する器楽ジャンル、交響曲とか室内楽を重視したという点において、ゲーゼが北欧音楽史上に果たした功績は歴然としている。

ゲーゼ作品のうち、8つの交響曲ヴァイオリン協奏曲室内楽、いくつかのピアノ曲、カンタータの大作《コモラ Comala》(1846年)や《妖精の娘 Elverskud》(1853年)、演奏会用序曲《オシアンの余韻》作品1などがある。作品の多くはメンデルスゾーンやシューマンの影響が濃厚だが、中にはデンマーク民謡に基づく作品もある。

グリーグのピアノ作品集『抒情小曲集』の中に「ゲーゼ」(Gade)という題の小品がある。これは1893年に発表された第6巻(作品57)の第2曲で、作曲の3年前に没したゲーゼへの回想のために書かれた曲である。

又、ゲーゼ生誕100周年にあたる1917年に作られたニールセンの歌曲にも「ニルス・ゲーゼ生誕百周年の賛美歌」(Hymn for Niels W. Gade's Centenary)という作品がある。

主な作品

歌劇
  • マリオッタ
バレエ
交響曲
  • 交響曲第1番ハ短調Op.5
  • 交響曲第2番ホ長調Op.10
  • 交響曲第3番イ短調Op.15
  • 交響曲第4番変ロ長調Op.20
  • 交響曲第5番ニ短調Op.25
  • 交響曲第6番ト短調Op.32
  • 交響曲第7番ヘ長調Op.45
  • 交響曲第8番ロ短調Op.47
管弦楽曲
  • オシアンの余韻
  • スコットランド序曲「高地にて」Op.7
  • ノヴェレッテ
  • 田舎の夏の日
  • ハムレット
  • ホルベルギアーナ
協奏曲
  • ヴァイオリン協奏曲ニ短調
  • ヴァイオリンと管弦楽のためのカプリッチョ
室内楽曲
  • 弦楽四重奏曲ニ長調Op.63
  • 弦楽四重奏曲ホ短調
  • 弦楽四重奏曲ヘ短調
  • 弦楽四重奏曲ヘ長調「出会いと別れ」
  • 弦楽五重奏曲ホ短調Op.8
  • 弦楽八重奏曲ヘ長調Op.17

脚注

  1. ^ ゲーゼは第2幕のみを手がけた。

外部リンク