リン・ピクネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。2400:2410:c1a3:5300:be9a:a89c:3dbb:628 (会話) による 2021年10月23日 (土) 19:42個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

リン・ピクネット(英:Lynn Picknett)は、超常現象オカルト、歴史的・宗教的なミステリーに関する作家、研究者、講演者。

人物

1947年4月、イギリスケント州フォークストーンに生まれたピクネットは、ヨーク幽霊屋敷といわれる家で育ち、パーク・グローブ・ジュニア・スクールとクイーン・アン・グラマースクールに通った。大学で英文学を専攻し、学位を取得した後、教師店員漫才師などを経て、1971年にロンドンに移り住み、マーシャル・キャベンディッシュ出版社にサブエディターの研修生として入社した。

1980年代には「The Unexplained」の副編集長を務め、他の多くの出版物にも寄稿。LBCのマイケル・ヴァン・ストラテンやクライヴ・ブル、トーク・ラジオなど、さまざまなラジオ番組にもレギュラー出演。アングリアTVとサザンTVのテレビ番組のプレゼンターも務めた。

1990年にはバースで開催されたRoyal Photographic Societyの「The Unexplained」展のゲストキュレーターを務め、1999年にはブラッドフォードのNational Museum of Photography, Film and Televisionでも同じ役割を果たした。

1990年代初頭、彼女は研究者であり作家でもあるクライヴ・プリンスとコンビを組んだ。彼らの最初の著書『Turin Shroud: How Leonardo da Vinci Fooled History』は、聖骸布のいわゆる奇跡的な特徴のすべてが、ピンホールカメラ(カメラ・オブスクラ)を使ってのみ再現できることを明らかにした最初の主流の著作であり、レオナルド・ダ・ヴィンチは偽造しただけでなく、イエスのモデルに自分の顔を使ったと主張したが、聖骸布の最初の展示がダ・ヴィンチの生誕のほぼ1世紀前の1357年であったという事実を見落としていた[1]

著書

  • ネス湖怪獣 (ピトキンガイド)』
  • 『ロイヤル・ロマンス-王室の恋愛事情を描いた歴史書』
  • 『マグダラのマリア。キリスト教の隠れた女神』
  • 『ルシファーの秘密の歴史』
  • 『マンモスブック・オブ・UFO』
  • 『空想の飛行?超常現象体験の100年』

脚注

  1. ^ Carl E. Olson, Sandra Miesel, The Da Vinci hoax: exposing the errors in The Da Vinci code, Ignatius Press, 2004, p.254, 329 pp, 978-1-58617-034-9, retrieved via Google Books