背炙山公園野草ゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年7月21日 (火) 17:30; MGA73bot (会話 | 投稿記録) による版 (ボットによる: 画像「ノアザミ Cirsium japonicum.JPG」を「Cirsium japonicum 3.JPG」へ置き換え)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋の背炙山公園野草ゾーン

背炙山公園野草ゾーン(せあぶりやまこうえんやそうゾーン)は、福島県会津若松市背炙山公園内にあるミニ野草園である。春は、背炙山公園でヤマツツジレンゲツツジの花が映える。初夏には野草ゾーン内にガガイモ科カモメヅル属フナバラソウスズサイコ等、草刈草原に特有、希少な草本が多く観察される。

概要[編集]

  • 背炙山公園内に相当規模の植物園を設置する計画・研究は、1956年から行われてきたが実行されなかった。その間、ツツジやシャクナゲの植栽などは継続して行われてきた。背炙山公園野草ゾーンは、背炙山公園の一部に、行政と市民協働によるミニ野草園として2006年秋に開設され、2007年春から運用されている。背炙山レストハウス駐車場に隣接した、標高約820mの日当たり、水はけの良い南西向斜面であり、その周辺を含め永年にわたり草刈など人為的に管理されてきたススキ草原、シバ草原である。0.3haのエリアに約200種の野草が自生しており、遊歩道と写真掲示板『今の見頃』が整備されている。県道閉鎖期間は、野草ゾーン、レストハウスとも閉鎖される。

季節の花[編集]

5月の花[編集]

6月の花[編集]

7月の花[編集]

8月の花[編集]

9月の花[編集]

10月の花[編集]

その他の野草[編集]

関連項目[編集]