アリルアルコールデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。RedBot (会話 | 投稿記録) による 2012年4月27日 (金) 20:17個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (r2.7.2) (ロボットによる 変更: id:Alil-alkohol dehidrogenase)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

アリルアルコールデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.54
CAS登録番号 9028-58-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO
検索
PMC articles
PubMed articles
NCBI proteins
テンプレートを表示

アリルアルコールデヒドロゲナーゼ(allyl-alcohol dehydrogenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

アリルアルコール + NADP+ アクロレイン + NADPH + H+

反応式の通り、この酵素の基質アリルアルコールNAD+、生成物はアクロレインNADHとH+である。

組織名はallyl-alcohol:NADP+ oxidoreductaseである。

参考文献

  • Otsuka K (1958). “Triphosphopyridine nucleotide-allyl and -ethyl alcohol dehydrogenases from Escherichia coli”. J. Gen. Appl. Microbiol. 4: 211–215. doi:10.2323/jgam.4.211.