龍泉寺 (熊谷市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
龍泉寺
所在地 埼玉県熊谷市三ケ尻3712
位置 北緯36度9分6.8秒 東経139度18分50.4秒 / 北緯36.151889度 東経139.314000度 / 36.151889; 139.314000座標: 北緯36度9分6.8秒 東経139度18分50.4秒 / 北緯36.151889度 東経139.314000度 / 36.151889; 139.314000
山号 少間山
院号 観音院
宗派 真言宗豊山派
本尊 不動明王
創建年 不詳
札所等 関東八十八カ所霊場第83番札所、武州路十二支霊場子年第1番札所、ぼけ封じ関東三十三観音霊場第29番札所、忍三十四観音霊場第29番札所
文化財 松図格天井画 崋山筆、龍泉寺本訪瓺録、紙本淡彩双雁図(以上、埼玉県指定有形文化財)
公式サイト 埼玉厄除け開運大師
龍泉寺の位置(埼玉県内)
龍泉寺
龍泉寺
龍泉寺 (埼玉県)
テンプレートを表示

龍泉寺(りゅうせんじ)は、埼玉県熊谷市にある真言宗豊山派寺院

歴史[編集]

創建年代は不明である。当寺公式サイトでは「1200年の歴史を持ち、平安時代には弘法大師空海も当寺を訪れています。」としていることから、空海在世以前から存在していたものと推測される[1]

当寺は「厄除け金色大師」と「開運金色大師」の両大師像を安置する唯一の寺であり、厄除けと開運の両方のご利益があるとされ、毎年多くの参拝者が訪れる。この両大師像の他にも多くの仏像を安置している[1]

また当寺は渡辺崋山ゆかりの寺でもある。崋山は三河国にあった田原藩家老であったが、田原藩はかつて当地三ケ尻村を領有していたことがあり、旧領の地誌を編纂するために三ケ尻村を訪れていた。その際に当寺の天井画を描いたのである。この天井画は現在、埼玉県の文化財に指定されている[1][2]

文化財[編集]

  • 松図格天井画 崋山筆(埼玉県指定有形文化財 昭和30年11月1日指定)[3]
  • 龍泉寺本訪瓺録(埼玉県指定有形文化財 昭和30年11月1日指定)[4]
  • 紙本淡彩双雁図(埼玉県指定有形文化財 昭和35年3月1日指定)[3]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 埼玉厄除け開運大師のご紹介龍泉寺
  2. ^ 花井泰子、花井敬、青木忠雄 著『さいたま寺社めぐり 夫婦で訪ねた四季の寺社76選』幹書房、1999年、20-21p
  3. ^ a b 埼玉県文化財目録埼玉県、54p
  4. ^ 埼玉県文化財目録埼玉県、68p

参考文献[編集]

  • 花井泰子、花井敬、青木忠雄 著『さいたま寺社めぐり 夫婦で訪ねた四季の寺社76選』幹書房、1999年

外部リンク[編集]