龍山康朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たつやま やすあき
龍山 康朗
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
生年月日 (1966-10-19) 1966年10月19日(52歳)
最終学歴 九州大学大学院修了
勤務局 RKB毎日放送
部署 報道制作センターアナウンス部
活動期間 1991年-
担当番組・活動

龍山 康朗(たつやま やすあき、1966年10月19日 - )は、RKB毎日放送アナウンサー気象予報士防災士。RKB報道制作センターアナウンス部副部長。RKBアナウンススクール講師[1]日本野鳥の会福岡支部所属。福岡県福岡市出身。

略歴[編集]

西南学院中学校福岡県立福岡高等学校九州大学工学部航空工学科、同学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程を経て、1991年入社[2]日本航空の大学推薦枠で落選。大学時代に落語研究会に所属し、喋りの世界に挑戦したかったことがアナウンサーになったきっかけ。

2005年福岡県西方沖地震の際は当直でRKBローカル・全国向けともに長時間地震関連のニュースを担当。

人物[編集]

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

かつて毎日新聞西部本社版に連載していたコラムを単行本化したもの。森田正光も推薦している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ RKBアナウンススクール”. RKBアナウンススクール. 2014年7月24日閲覧。
  2. ^ 同期は茅野正昌

外部リンク[編集]