龍尾寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
龍尾寺
所在地 千葉県匝瑳市大寺1856[1]
位置 北緯35度44分49秒
東経140度33分24秒
山号 天竺山[2]
院号 尊蓮院
宗派 真言宗智山派[1]
本尊 釈迦如来[3]
創建年 伝・斉明天皇7年(661年[4]
中興年 伝・和銅2年(709年[5]
中興 伝・釈命上人[5]
その後、弘法大師(空海
正式名 天竺山尊蓮院龍尾寺[5]
文化財 龍尾寺板碑(匝瑳市指定有形文化財)[3]
法人番号 8040005011931
テンプレートを表示

龍尾寺(りゅうびじ)は、千葉県匝瑳市大寺にある真言宗智山派の寺院。山号院号天竺山尊蓮院。本尊は釈迦如来

歴史[編集]

寺に伝えられている縁起によれば斉明天皇7年(661年飛鳥時代)の開創とされており、所在地の地名「大寺」とは古代の官寺である大寺があった名残とされている[4]。しかし、開創年の661年は、白鳳仏の本尊を持ち、極めて早い時期の創建とされる龍角寺を意識したもので、また古いのは隣接する大寺であり、龍尾寺の創建はそれより若干下るものと推測されている[6][注 1]

こんにち龍尾寺に伝えられている縁起は、江戸時代明暦年間(1655年 – 1658年)に書き直されたものであるが、その内容を要約した『略縁起』が昭和59年(1984年)に当時の住職によって刊行されている。『略縁起』によれば、和銅2年(709年)、元明天皇の時代に全国的な大旱魃に襲われ、食物が不足して多くの人々が飢えに苦しんでいたという。このことを大変心配なされた天皇勅使に命じて釈命上人を導師として請雨法という雨乞いの儀式を行わせ、その折に惣領村のより龍神が空に向かって舞い昇ったといわれる。その時、龍の尾が垂れ下がったということから、惣領村は尾垂惣領村となり、のちに尾垂村となった[注 2]。空中高く昇った龍神は、まもなくすさまじい雷鳴とともに、3つに断たれて落ちてきた。 同時に激しい雨が降り出して、7日7夜のあいだ降りつづいた。その雨によって枯死寸前であった草木や動物たちは皆残らず生き返ったと伝記されている。3つに断たれた龍神の頭は下総国埴生庄に、腹は下総国印西庄に、尾は北條庄大寺郷に落ちそれぞれの地に祀られた。尾が落ちた大寺の寺は、釈命上人によってその名を「天竺山尊蓮院龍尾寺」に改められた。龍尾寺は、頭を祀った龍角寺、腹部を祀った龍腹寺と共に「関東三龍の寺」と呼ばれるようになったという[7]

それ以来遠近より多くの参拝者が訪れ七堂を完備した名刹であった。また天暦年間(947年 – 957年)の旱魃の際には観宿僧都という法師が当寺において雨乞いしたところ降雨があったという。かくして幾度もの雨乞いを成就してきたが、南北朝時代応安3年(1370年)に火災に遭い、建物のほとんどを消失した。その後に建立された堂宇が現在残っているものである[7]

境内[編集]

大同2年(807年)に弘法大師が来山しており、境内にはその時掘られたというお手堀の井戸がある。その水は洗眼にも使えるとされている[4][注 3]。また応安6年(1373年)の板碑が残されており、縁起にあるように南北朝時代の火災の後に再建されたものだということがわかる[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 隣接する大寺廃寺は、発掘調査で出土した瓦によって7世紀後半の創建であることが明らかになっている。また、龍尾寺跡からも7世紀第4四半期の瓦が出土している(須田勉『日本古代の寺院・官衙造営』218頁)。
  2. ^ 現在の横芝光町尾垂がそれである。天慶2年(939年寛朝僧正が下向し、成田山新勝寺御本尊の不動明王が上陸した場所として、この尾垂という地名が歴史上その名をとどめている(井上孝夫「下総地域における龍神信仰」18頁、成田山不動尊の上陸記念碑)。
  3. ^ 洗眼にも使えるとわざわざ断り書きがしてあることから、井上孝夫(千葉大学、社会学)は、砂鉄採取など金属信仰との関わりが認められ、物部氏との関係を窺わせると指摘している(井上孝夫「下総地域における龍神信仰」18, 23頁)。

出典[編集]

  1. ^ a b 匝瑳市 宗教法人一覧”. 教育・文化・スポーツ 宗教法人名簿. 千葉県 (2018年4月12日). 2018年5月2日閲覧。
  2. ^ 井上孝夫「下総地域における龍神信仰」19頁
  3. ^ a b 龍尾寺”. 千葉県公式観光情報サイト まるごとe! ちば. 千葉県観光物産協会 (2014年9月17日). 2018年5月2日閲覧。
  4. ^ a b c 井上孝夫「下総地域における龍神信仰」18頁
  5. ^ a b c 高橋莞爾「印旛沼の龍伝説に学ぶ」104-105頁
  6. ^ 井上孝夫「下総地域における龍神信仰」22-23頁
  7. ^ a b c 井上孝夫「下総地域における龍神信仰」18-19頁

参考文献[編集]

  • 井上孝夫下総地域における龍神信仰」『千葉大学教育学部研究紀要II 人文・社会科学編』第45巻、千葉大学、1997年2月28日、 17-27頁、 NAID 1100047131852016年9月30日閲覧。 CiNii論文PDFオープンアクセス
  • 高橋莞爾印旛沼の龍伝説に学ぶ」『環境情報研究』第15巻、敬愛大学千葉敬愛短期大学、2007年11月、 103-109頁、 NAID 1100070563062016年9月24日閲覧。 CiNii論文PDFオープンアクセス
  • 須田勉『日本古代の寺院・官衙造営』吉川弘文館、2013年4月。ISBN 978-4-642-04606-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]