龍乗院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
龍乗院
所在地 高知県高知市比島町2丁目10番3号
位置 北緯33度34分13.3秒
東経133度33分4.2秒
座標: 北緯33度34分13.3秒 東経133度33分4.2秒
山号 一乗山
宗派 天台宗
本尊 元三大師(慈恵大師)
創建年 慶長5年(1600年
開基 山内一豊
正式名 一乗山大中寺龍乗院
札所等 土佐西国霊場第4番札所
文化財 絹本著色普賢延命像(国の重要文化財
テンプレートを表示

龍乗院(りゅうじょういん)は、高知県高知市の比島山麓にある天台宗仏教寺院。山号は一乗山。一乗山大中寺龍乗院と号する。

歴史[編集]

本尊は元三大師。開基は山内一豊で、日讃永厳を開山として安土桃山時代慶長6年(1601年)、潮江村(現・高知市内)に創建された[1]。創建時は土佐国内唯一の天台宗寺院であった。 江戸時代初期の寛文9年(1669年)に土佐藩主山内豊昌により現在地に移された[2]。 明治元年(1868年)に国清寺と静林寺を統合して現在に至る。

伽藍[編集]

文化財[編集]

札所[編集]

行事[編集]

  • 厄除星除除災開運祈祷会(2月4日)
  • 涅槃会(2月15日)

交通アクセス[編集]

  • 土讃線 高知駅から高知県交通バス「比島アパート前」下車、徒歩5分

脚注[編集]

  1. ^ 『日本歴史地名大系 高知県の地名』、p.352
  2. ^ 『日本歴史地名大系 高知県の地名』、p.352
  3. ^ 『日本歴史地名大系 高知県の地名』、pp.338, 352

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 高知県の地名』、平凡社、1983

外部リンク[編集]