齋藤憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

齋藤 憲(さいとう さとし、1947年(昭和22年)5月3日 - )は、日本の経営史学者、専修大学名誉教授。

東京都生まれ。1972年(昭和47年)早稲田大学商学部卒、同大学院商学研究科博士課程満期退学、関東学院大学講師、1987年(昭和62年)浦和短期大学助教授、横浜商科大学教授、1993年(平成5年)関東学院大学経済学部教授。2002年(平成14年)専修大学経営学部教授経営学研究科科長。1987年(昭和62年)『新興コンツェルン理研の研究 大河内正敏理研産業団』で早大商学博士、日経経済図書文化賞受賞[1]。2018年定年退職。[2]

著書[編集]

  • 『新興コンツェルン理研の研究 大河内正敏と理研産業団』時潮社 1987
  • 齋藤憲 『稼ぐに追いつく貧乏なし : 浅野総一郎と浅野財閥』東洋経済新報社、1998年。ISBN 4492061061NCID BA38856030 
  • 大河内正敏 科学・技術に生涯をかけた男』日本経済評論社「評伝・日本の経済思想」 2009

共編[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 齋藤憲”. 2021年4月4日閲覧。