齋藤愼爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

齋藤 愼爾(さいとう しんじ、1939年8月25日 - )は、日本俳人編集者文芸評論家

来歴[編集]

朝鮮京城府(現・韓国ソウル市)生まれ。1946年、山形県飛島に移住。 高校時代より句作を開始。1955年、秋沢猛秋元不死男に師事し、秋本主宰の「氷海」に投句。1959年氷海賞受賞。「孤島の寺山修司」と称されたが、翌年より20年以上の間句作を中断した。

山形大学文理学部国文科を中退後、1963年に深夜叢書社を設立。1973年、堀井春一郎らと『季刊俳句』創刊。1983年、寺山修司らと「雷帝」創刊のために句作を再開。さらに50歳の頃から文筆活動に入る。2010年、『ひばり伝 蒼穹流謫』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2013年、『周五郎伝 虚空巡礼』でやまなし文学賞受賞。法政大学文学部講師。芝不器男俳句新人賞選考委員。

2004年に車谷長吉の私小説「刑務所の裏」で描かれたことで名誉を傷つけられたとして提訴したが、その後和解している。

著書[編集]

  • 『斎藤慎爾集 秋庭歌』三一書房 1989(俳句の現在 別巻 3)
  • 『冬の智慧』東京四季出版 1992。句集
  • 『偏愛的名曲事典 文学と音楽の婚姻』三一新書 1994
  • 『春の羇旅』思潮社 1998。句集
  • 『齋藤愼爾全句集』河出書房新社 2000
  • 『読書という迷宮』小学館 2002
  • 『齋藤愼爾句集』芸林書房(芸林21世紀文庫) 2002 
  • 『暗愁は時空を超えて 五木寛之紀行』響文社 2007
  • 寂聴伝 良夜玲瓏』白水社 2008、新潮文庫 2011
  • ひばり伝 蒼穹流謫』講談社 2009 
  • 『永遠と一日』思潮社 2011。句集
  • 周五郎伝 虚空巡礼』白水社 2013 
  • 『陸沈』東京四季出版 2016。句集
  • 『続 寂聴伝 拈華微笑』白水社 2017
  • 『逸脱する批評―寺山修司・埴谷雄高・中井英夫・吉本隆明たちの傍らで』コールサック社 2019

編著[編集]

  • 財界歳時記 自選俳句集(編)日本能率協会 1988
  • 徳川夢声の世界 対談『問答有用』全3巻 《遥かなる昭和》叢書 深夜叢書社 1994-1996
  • 司馬遼太郎の世紀(責任編集)朝日出版社 1996
  • 埴谷雄高吉本隆明の世界(責任編集)朝日出版社 1996
  • 武満徹の世界 武満真樹共編 集英社 1997
  • 吉行エイスケとその時代 モダン都市の光と影 吉行和子共編 東京四季出版 1997
  • 必携季語秀句用字用例辞典 阿久根末忠共編著 柏書房 1997
  • 太宰治坂口安吾の世界 反逆のエチカ 柏書房 1998
  • 現代俳句の世界 集英社 1998
  • 生と死の歳時記 美しく生きるためのヒント 瀬戸内寂聴共著 法研 1999 のち光文社知恵の森文庫
  • 岡本太郎の世界 岡本敏子共編 小学館 1999
  • 三井葉子の世界 <うた>と永遠 深夜叢書社 2001
  • 俳句殺人事件 巻頭句の女(アンソロジー編)光文社文庫 2001
  • 明治文学の世界 鏡像としての新世紀 柏書房 2001
  • 漂泊者のノート 思うことと生きること 五木寛之共著 法研 2002
  • 短歌殺人事件 31音律のラビリンス(アンソロジー編)光文社文庫 2003
  • 永遠の文庫〈解説〉名作選 メタローグ 2003
  • 〈武蔵〉と吉川英治 求道と漂泊 東京四季出版 2003
  • 二十世紀名句手帖 河出書房新社
    • 1 人事篇 愛と死の夜想曲 2003
    • 2 時候篇 季節の宴から 2003
    • 3 植物篇 花と樹木の饗宴 2004
    • 4 動物篇 動物たちのカーニバル 2004
    • 5 天文篇 星と月のシンフォニー 2004
    • 6 行事篇 時と祭のコスモロジー 2004
    • 7 地理篇 海と山のラビリンス 2004
    • 8 生活篇 旅と人生の嬉遊曲 2004
  • 永遠の文庫〈解説〉傑作選 メタローグ 2003
  • 吉本隆明入門 思潮社 2003(現代詩手帖臨時増刊「吉本隆明」)
  • 大衆小説・文庫〈解説〉名作選 メタローグ 2004
  • 春日井建の世界 〈未青年〉の領分 水原紫苑共編 思潮社 2004(現代詩手帖特集)
  • 塚本邦雄の宇宙 詩魂玲瓏 塚本靑史共編 思潮社 2005(現代詩手帖特集)
  • 現代詩殺人事件 ポエジーの誘惑 光文社文庫 2005
  • サザエさんの〈昭和〉鶴見俊輔共編 柏書房 2006
  • キネマの文學誌 深夜叢書社 2006
  • 久世光彦の世界 昭和の幻景 川本三郎共編 柏書房 2007
  • 吉本隆明に関する12章 洋泉社、新書y 2007
  • 飯田龍太の時代 山盧永訣 廣瀬直人・宗田安正共編 思潮社 2007(現代詩手帖特集)
  • 時よとまれ、君は美しい スポーツ小説名作集 角川文庫 2007
  • 阿久悠のいた時代 戦後歌謡曲史 篠田正浩共編 柏書房 2007

[編集]

北斗星枯野に今日のバス終る 

明らかに凧の糸のみ暮れ残る

月白き海より青きもの釣らる    「珠儒の時代」(十六歳) 

火を焚きて漆黒の天驚かす

水母群るる海より重き月上がる

浜寒し焚火激しく海女を待ち

蝶死せり己が翅紋を証として   「燔祭の明日」(十七歳)

漁夫の葬寒き沖向く一戸より

灼け岩で蜥蜴息づく敗戦忌

漁夫の婚ひと日雷鳴る裏日本

青桐に大正の蟬生き急ぐ     「夏への扉」(十八歳)

秋祭生き種子死に種子選りて父 

不和の父子の耳に高潮秋祭

底みせぬ海に咳き込み何か失す

寒き種子分ち農兄弟田に別る

籾降らし降らし晩年泣かぬ父         「恋の都」(十九歳)

狂院へぎらりと種子のごとき蟻 

死語の世に生きをれば緑の繭匂ふ

流燈に集ふ魚・時・間引かれし胎児

病む母に見せし誘蛾燈の青地獄

播かぬ種子光る夕べの老婆の死

鵙は天に柩は地下へわが領土

地の涯に囮かけ亡びゆくは誰         「日々の死」(二十歳)

死螢とぶつかリ行くや螢狩

洗ひ髪水さかしまに炎なす       (炎 ルビ ほむら)

日と月と雁しんがりに幼な吾

夜濯ぎをいまに白鳥座のなかの母

雁のゐぬ空には陰のごとき山      (陰 ルビ ほと)

戸籍燃す火種を狐火より貰ひ

ひそひそと山嚙みあへる紅葉かな

父母を弑す冬の芒に逢ふために

前の世の道に零てる籾一つ

露の身に日は一輪のままに落ち

雛も吾も緋の糸曳きて遠き世へ

餅一個彼岸の草より冷ゆるなり

雛流し雛より遥かなもの思ふ

父死後の寒夕焼を楯とせり

参考文献[編集]

  • 坂口昌弘著『平成俳句の好敵手』文學の森
  • 宗田安正 「齋藤愼爾」 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年
  • 金子兜太編 『現代の俳人101』 新書館、2004年


関連項目[編集]

外部リンク[編集]