齋田梅亭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

齋田 梅亭(さいた ばいてい、1900年4月6日 - 1981年6月1日)は、日本截金師。1981年に諸工芸の截金の分野で初めて重要無形文化財保持者人間国宝)に認定される。

略歴[編集]

京都西本願寺御用の截金師の家に生まれ、京都市立美術工芸学校(現・京都市立芸術大学)図案科を卒業し、百貨店呉服専門店で意匠の仕事に従事した後、25歳頃より家業である截金を継いだ。

截金を工芸作品として屏風、額、衝立、茶入れや飾箱に応用し、東京赤坂迎賓館へ四曲一双屏風「霞文(かすみもん)」を納入するなど工芸分野としての基盤を築いた。特に屏風や額などの平面な作品に截金を施す際、海の中に生息する魚や海草、の穂、牡丹紫陽花椿の華を写実的に表現したという点において、作風が際立っている。

年譜[編集]

  • 1900年 京都西本願寺御用の截金師の家に生まれる。 本名は右五郎。
  • 1920年 京都市立美術工芸学校(現・京都市立芸術大学)図案科卒業。
  • 1925年 兄に師事し截金を始める。
  • 1959年 第6回日本伝統工芸展にて「截金飾筥」が奨励賞を受賞。
  • 1961年 第8回日本伝統工芸展にて「截金菜華文飾筥」が奨励賞を受賞。
  • 1962年 日本工芸会正会員に認定。
  • 1974年 東京赤坂の迎賓館に「截金四曲一双屏風 霞文」を納める。
  • 1975年 勲四等瑞宝章を受章。
  • 1977年 京都工芸美術展にて「截金茶入」が大賞を受賞 / 京都府美術工芸功労賞者となる。
  • 1981年 重要無形文化財保持者に認定される。6月1日死去(享年81)。

参考文献[編集]

  • 『截金の人間国宝展 斎田梅亭と西出大三』 井原市田中美術館 竹内恵美編 E.M.Iネットワーク発行 2008年4月
  • 『週刊人間国宝49 工芸技術・諸工芸1』 2007年5月13日号 朝日新聞社

外部リンク[編集]