黔中郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黔中郡(けんちゅう-ぐん)は、中国にかつて存在した戦国時代から初にかけて、現在の湖南省西部と貴州省東部にまたがる地域に設置された。また唐代の一時期にも黔中郡が置かれた。

古代の黔中郡[編集]

戦国ののとき、黔中郡が立てられた。紀元前277年白起が楚の巫郡と黔中郡を奪取した[1]

紀元前202年高帝5年)、黔中郡は武陵郡と改称された[2]

近年、里耶秦簡の出土によって秦の洞庭郡の存在が明らかとなり、黔中郡の変遷や地理的範囲が改めて議論されるようになっている。

唐の黔中郡[編集]

742年天宝元年)、唐により黔州が黔中郡と改称された。758年乾元元年)、黔中郡は黔州都督府と改称された[3]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』楚世家および白起列伝
  2. ^ 後漢書』郡国志四
  3. ^ 旧唐書』地理志三