黒雲雷五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒雲 雷五郎(くろくも らいごろう、1852年3月5日嘉永5年2月15日) - 1910年明治43年)1月13日[1])は、京都相撲・出水川部屋、境川部屋武隈部屋湊部屋に所属した元力士。本名は五島林吉。肥前国玉名郡出身。最高位は西前頭6枚目。身長体重不明。

経歴[編集]

京都相撲から1882年1月に東京相撲に二段目格で加入。1888年5月には入幕を果たしたが、在位僅か4場所で1890年5月に脱走し廃業した。その後、一時同部屋で同郷の芳ノ山夛治郎とともに大坂相撲に加入した。

成績[編集]

  • 幕内4場所7勝7敗24休2分

[2]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3497&l=j
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、ISBN 978-4764104709