黒銅鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒銅鉱
黒銅鉱
分類 酸化鉱物
化学式 CuO
結晶系 単斜晶系
へき開 なし
モース硬度 3.5
光沢 金属光沢~土状光沢
黒色
条痕 黒色
比重 6.4
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

黒銅鉱(こくどうこう、tenorite)は酸化鉱物。化学組成 CuO(酸化銅(II))、比重 6.5、モース硬度 4.5、晶系は単斜晶系。イタリアの植物学者ミケーレ・テノーレにちなみ命名された。

黒色不透明でへき開しない。濃塩酸には溶けないが、希塩酸には溶ける。銅二次鉱物として産出し、を製造する際の原料となる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]