黒石市立北陽小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒石市立北陽小学校
過去の名称 中郷村立中郷第二小学校
黒石市立中郷第二小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 黒石市
設立年月日 1948年
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 036-0511
青森県黒石市大字小屋敷字馬場尻道添12-2
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

黒石市立北陽小学校(くろいししりつ ほくようしょうがっこう)は青森県黒石市小屋敷にある公立小学校

概要[編集]

黒石市で最も北にある小学校で学区は青森市と接している。主な進学先は中郷中学校。全校児童は124人(2012年現在)[1]

『北陽』の由来[編集]

1959年に二双子分校を統合して児童数も増加し、第二小も成長してきた中で、いまだに『第二』では分校のようで面白くない[1]という意見が出され、同年校名変更の意見がPTA総会に提出された。そして、学校関係者に校名を募集したところ北陽が選ばれ、1963年に校名が北陽小に変更された。

選出理由(由来)は、

  1. 黒石市の北側に位置することをあらわす。
  2. 北陽という響きが新鮮でよい。
  3. 北は、北情を意味し、厳しい中にも愛の深さと詩情があふれる。
  4. 陽は、太陽であり、明るさと希望に満ちている。

などがある[1]

沿革[編集]

中郷小分教場時[編集]

独立後[編集]

  • 1948年(昭和23年) - 中郷分教場が中郷小から独立。第二小学校となる[1]
  • 1954年(昭和29年) - 町村合併により、中郷村立第二小学校から黒石市立第二小学校となる。
  • 1959年(昭和34年) - 六郷小学校二双子分校を統合する。
  • 1963年(昭和38年) - 校名を北陽小学校に改称する。

 

学区[編集]

小屋敷、小屋敷西、飛内、飛内北、馬場尻下、馬場尻東、馬場尻南、東馬場尻、西馬場尻、上目内沢、下目内沢、二双子、富田、富士見、北田中(以下を除く:字田中、村後北)[4]

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 北陽小HP内 -学校の沿革-
  2. ^ 黒石市立中郷小学校HPでは、馬場尻小が西馬場尻小、小屋敷小が飛内小と表記されている。
  3. ^ 黒石市立中郷小学校HP内 -学校の沿革-
  4. ^ a b c d Gaccom -黒石市立北陽小学校-

関連項目[編集]